LOGIN
GOOSE FACTOR

タガメンⅡのタイイング

コノシロシーズンのシーバスねらいに効果的なフライです

解説=稲見一郎 写真と文=編集部

※この記事はFLY FISHER 2022年3月号 (2022-01-21)を再編集したものです

 

 

Profile 稲見一郎さん

渓流から大河川、湖、そして海とさまざまなフィールドでフライフィッシングを楽しむ。東京・JR大塚駅南口近くにあるフライショップ「ハーミット」のオーナーである。監修、実演を行なったFlyFisher増刊『初歩からのフライタイイング』が好評発売中。東京都在住。https://hermit-jp.com

 

 

タガメンⅡ

flyfisher photo

タガメンを作り始めた当初は、フライ全体を浮かべようと思っていたので、テイル部分にもフォームを使っていたのですが、テイルとボディーが長いとフッキングが悪くなるため、何度か改良を加え、フックのベンドよりもやや後ろの位置がベストになりました。タガメンⅡはテイルにフックがある構造ということもあり、浮力を低めにしたことでフック位置が下がってフッキングしやすくなりました。コノシロはイワシなどに比べてボディーに厚みがあるので、ハックルはフラットウイングの要領で留めています。これはシーバスが下から見上げたときに、シルエットが太く見えるようにしたいから。タイイングで難しいテクニックは使っていませんが、シーバスが近づいてくるのは、引き波を立てるからこそ。人間から見ても明らかに引き波があるとわかるくらいの強さと幅を出せるようにしてください。ちなみに強風時は引き波を立てられないので、インターミディエイトラインでビースティチェンジャーを使います。

 

flyfisher photo

タガメンⅡは2.47g。テイルのフォーム分だけ軽くなっただけでなく、フライ後部の空気が抜けやすくなったため、空気抵抗も少なくなったという。稲見さんは11フィート8番のスイッチロッドに、エアフロ・スナイパーWF9Fを使用

 

flyfisher photo

タガメンⅡの裏側。バックテイルやEPファイバーなどを組み合わせて、幅広のシルエットを作っている。カラーのイメージはホットタイガーとのこと

 

flyfisher photo

タガメンⅡはナイトゲームでも有効。遊び心で眉毛を描いたら、ユーモラスな表情になった

 

Material

フック……がまかつSC15 #3/0

スレッド……ユニスレッド 3/0

テイル……バックテイル(チャートリュース、レッド)、フラッシャブー(オーシャングリーン)、サドルハックル・マグナム(グリズリー/ チャート)、フラッシャブー・グリズリーバード(Fl イエロー/ ブラック)、フォームシート2mm(チャートリュース)、ギニアフォウル(チャートリュース)

シャンク……アーティキュレイテッドシャンク35mm

ボディー……バックテイル(オレンジ)、EP ファイバー(オレンジ)、EP スパークル(ゴールデンオレンジ)

ギル……ギニアフォウル(オレンジ)

ヘッド……フォームシート2mm(チャートリュース)、エバゾート(ホワイト)、EP ファイバー(レッド)

アイ……ドールアイ

 

 

タガメンⅡのタイイングの手順

 

Step1

flyfisher photo

フックをバイスに固定してファンデーションする

 

Step2

flyfisher photo

バックテイルをシャンクの3倍くらいの長さで留める

 

Step3

flyfisher photo

フラッシャブーを10本ほどカットし、バックテイルと同じくらいの長さに留める

 

Step4

flyfisher photo

サドルハックルを2枚取り、テイルの長さを決める。稲見さんはメッツのマグナムサドルを使用。長さはおよそ15cm

 

Step5

flyfisher photo

サドルハックルはシャンクに対して水平になる(フラットウイングにする要領)ように留める

 

Step6

flyfisher photo

ジョーを回転させ、お腹側にバックテイルを20本ほど留める。長さは手順2で留めたバックテイルと同じくらい

 

Step7

flyfisher photo

ジョーを元に戻して、サドルハックルをさらに2枚、手順5と同じように留める。長さは12cmくらい

 

Step8

flyfisher photo

フラッシャブー・バードを5~6本と2つ折りにして留める

 

Step9

flyfisher photo

フォームシートを羽子板のような形にカットする。稲見さんはクリースフライ用のカッターを使っていたが、ハサミや普通のカッターでも構わない。フォームを切り出す工程は後2回出てくるので、先にまとめてカットしておいてもよい

 

Step10

flyfisher photo

カットしたフォームの幅が細いほうを指でつまみ、下にあるマテリアルを包むようにして巻き留める

 

Step11

flyfisher photo

フォームを留めた状態。前に出ているフォームは後で折り返す

 

Step12

flyfisher photo

ジョーを回転させ、お腹側にバックテイルを20~30本留める。まず毛先がアイ側に来るように留め、次にテイル側に毛先を折り返して留める

 

Step13

flyfisher photo

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/10/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING