LOGIN
WILD LIFE

フックカラーで魚の反応は変わる?

光の加減や反射にも影響される?

FlyFisher編集部=写真と文

マテリアルのカラーについては悩む人も多いだろうが、フライフックの色まではなかなか選べない。現在ラインナップされているのはブロンズやブラックカラーが中心だが、開発者側としてはどのように考えているのだろうか。
この記事は2017年4月号に掲載されたものを再編集しています。

基本はフライの色に合わせる。しかし管理釣り場では……

現在各メーカーからラインナップされているフライフックは、大きく分けてブロンズ、もしくはブラックカラーがほとんどだろう。小さな水生昆虫をフック上に表現した時、ボディーからはみ出したゲイプからポイントまでの部分は、それをくわえる魚にとっては決して小さくない要素のように思われる。

たしかに水中で目立ちにくいブラックカラーを採用しているフックは多い。しかし水面ぶら下がりスタイルのパラシュートやクリップルなどのフライに、バランスを求めてある程度太軸のブロンズカラーのフックを選んでいるフライフィッシャーも多く、そうしたフライに著しく魚の反応が悪い、という話もあまり聞かない。

ユーザーからしてみれば、この要素に関しては選べるほどのバリエーションはないものの、フック開発者の側から見て、ハリの色はどのような意味を持っているのだろうか。

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。
この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとFujisan(電子書籍を取り扱っているサイトです)へジャンプします。

FLY FISHER 2017年4月号

やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。


2024/3/21

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING