LOGIN

ストリッピングか、リールファイトか

あいつが釣れなかった理由04

鈴木 寿=文、FlyFisher編集部=写真
長良川・相戸のプール。一見フラットな流れだが、大きな底石がなどが沈み、表層の流れにも微妙なヨレが形成されている。百戦錬磨の魚たちはその向こうでライズを繰り返しているのだが・・・・・・

《Profile》
鈴木 寿(すずき・ひさし)1958年生まれ。愛知県名古屋市在住。プロショップ「ワチェット」店主。ソルトから本流まで季節ごとのさまざまなフライフィッシングを楽しむが、渓流シーズンを通じて、長良川のライズフィッシングは欠かせない釣りとなっている
この記事は2014年12月号に掲載されたものを再編集しています。

2014年4月の長良川本流のライズフィッシング。釣り人のフライをかわし続けて立派な魚体になったシラメはフッキング後、まるでスキを付くかのように、予想もしない動きに出た。

明暗を分けた二択

 長良川本流でライズを追いかけているフライフィッシャーなら、誰もが知っている有名プールである相戸のポイント。堰堤によって遮られた流れは、適度な深みと、魚が好む緩やかな流速を保っているので、シーズンを通じてコンスタントにシラメのライズが見られる。解禁から多くの釣り人で賑わっている場所だ。

 私もシーズン初期の長良川の釣りを楽しみにしているひとり。解禁当初は比較的容易に釣ることができる魚も、数ヶ月も経てばたちどころに警戒心を増し、釣り人の立てる位置から釣りにくい、流れの対岸付近に留まってしまう。

 そんなプレッシャーのかかった魚たちが付いているレーンまでの距離は約30m。しかも流心の向こう側の微妙なスポットだ。そんな場所を定位置としてライズを繰り返すようになるので、フライを到達させることすら難しくなる。辛うじて届いたとしても、ドラッグフリーで流すことは・・・・・・さらに難しい。

 長良川の水生昆虫のハッチが最盛期となる、4月中旬から5月初旬にかけて、釣り人の手が出せないところで捕食し続けるシラメたちは、解禁直後と比べて見事な魚体に育っている。風格さえ感じられる姿になっているのだ。私にとって、そんな状況のなか、このポイントで釣るシラメは格別な存在だ。

 2014年の4月最終週。ちょうど休みの日が雨模様だったので、迷わずこのプールを目差した。春の長良川は晴れる日にはほとんど下流から風が吹くのだが、ぐずついた天候になると上流から吹き下ろすことが多い。ダウンストリームでドライフライを送り込む表層の釣りは、上流から吹く風が最適で、例の対岸近くのライズをねらうのに願ってもないチャンスだったのだ。

 プールに到着すると、すでにライズははじまっていた。この日はよほど条件がよかったのか、普段どおり流心の向こう側ではあるものの、若干流れにかかるレーンでライズを繰り返していた。通いなれたポイントだが、いつもと違う展開を目の前にして新鮮な期待感に包まれる。

 頻繁にできる波紋を見ていると、流下している捕食物はかなりの量だということが判断できるが、実際に流れている虫はほとんど見えない。上流の瀬で起こっているはずのフタバコカゲロウのハッチを想定し、#20のCDCスペントパターンを9Xティペットの先に結んだ。そして投げやすい風が吹き、ライズが起きるタイミングを待つ・・・・・・。

細イト、小フックを使うミッジングの釣りでは、大アワセは禁物。ティペットに過分なテンションをかけずに、追いアワセまで含めて確実にフッキングさせる

 すぐにチャンスはやってきた。見るからに大きな(推定35cm)シラメが、口先とそのすぐあとに背ビレを見せる独特なライズフォームで射程距離ギリギリに入ってくる。風は上流からの緩やかな追い風。数回のフォルスキャストから祈るようなプレゼンテーションを試みる。奇跡的にフライがライズレーンに乗った!

 1mも流れないうちに、銀色の魚体が波間に浮上して、水面に張り付くように浮かぶフライを静かに吸い込んだ。

 ここで強いアワセは禁物。魚が沈むと同時にラインにテンションがかかると、カウンター的なショックがティペットに加わってしまう。運よくアワセ切れを免れても、強いテンションを感じたらシラメはたいてい水面近くでローリングしはじめる。大型シラメのローリングに9Xティペットの強度は空しいほど頼りない。

 力を入れすぎない程度にアワセを入れ、シラメが深みに戻っていってから、ラインのテンションを感じつつ数回追いアワセを行なう。

 ・・・・・・ここまでは上手くできたはず。さて、次の2つの選択肢が問題だ。ひとつはリールファイト。もうひとつはストリッピングを続けてランディングに持ち込む方法。

 シラメが流れに乗って下流に走った場合は、間違いなくリールファイトに持ち込んだほうが安全だ。9Xティペットで尺を優に超える魚を止めることは難しいので、リールのドラッグを最大限に活用して対処したほうが確実なやり取りができる。しかし、フッキングした時点でリールから出たラインが手もとに残っている場合、それを巻き取るあいだに余分なスラックが生まれフックオフにつながる。ミッジサイズのフックを使っているので、ほんの少しのタルミでもバレにつながってしまうだろう。

 ところが深みに入ったシラメはしばらく動かない。そこで一瞬どうしようかと迷わされてしまった。手もとのラインがほとんど出ていたので、急いでリールファイトに持ち込んだ・・・・・・がその瞬間、一瞬の迷いを見透かしたようにシラメは上流(手前側)に向かって走り出したのだ。

 改めて1対1のギア比をもどかしく感じながら、慌ててリールのハンドルを回すが、魚の動きに合わせてラインはだらしなく垂れ下がっていく。そして、次にラインが張られた時には、毎年夢見ていたあのシラメの重さはもう消えていた。

 まさにあの二択が敗因となってしまった。もしあの時ストリッピングを選んでいたら、魚の動きで素早くラインを手繰り、余計なスラックを入れずに対処できていたかもしれない。さすがに魚の動きまでは読めないのでどうしようもないのたが、やはり、どうしても悔やまれる。

 優れたスポーツ選手はひとつの失敗を引きずらないというが、私の場合、この瞬間の出来事が今シーズンを終えても、まだ頭から離れないでいる。

2019/12/5

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING