LOGIN

西日本最大規模の「プール管釣り」!

服部緑地ウォータランドフィッシングパーク

FlyFisher編集部=写真と文

大阪市内からメッチャ近くに新しくトラウト管理釣り場が11月20日にオープンしました!北摂エリアにお住まいの方なら誰でも知っている服部緑地公園のプールです。
フライフィッシングはタックルのレンタルもありますので(フライは購入する必要あり)手ぶらで行っても充分楽しめます!

関西エリアのトラウトフィッシングがますます盛り上がりますね!

入口はこんな感じです。ここでチケットを購入

プールの情報は流水プール=2400㎡、水深 1.2m/なぎさプール=2100㎡、水深 0~1.2m

こんなサインが設置されています

流水プールでの釣りのようす(プレス発表会での釣りはルアーのみでした)

こちらはなぎさプール(ルアーのみ)です


服部緑地ウォータランドフィッシングパーク
●ウェブサイト
https://hattori.fishingpark.jp

●期間
2018年11月20日〜2019年3月末
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)は休業

●営業時間
午前8時〜午後4時(入場は午後2時まで)

●利用料金
1日券=3800円(中学生以下2500円)
午後券=2500円(中学生以下1700円)
2時間券=1500円(中学生以下1000円)

●フライタックル(ロッド・リールのセット)レンタル料金
1日=1500円
半日まで=1000円


2018/11/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING