LOGIN
Bibury Court

喜びを喜ぶ仕事

宮古島のフラットフィッシング

松本利幸=解説 編集部=文と写真

宮古島へ移住

 

―ガイドサービスをスターとしたのはいつ頃ですか?

松本 2022年4月末からです。4月の中旬にこちらに移住をしまして、末くらいから始めさせてもらっています。

 

―ご出身は東京なんですよね。

松本 はい。ずっと東京です。

 

―なぜ宮古を選ばれたのでしょうか?

松本 フライフィッシングは高校生のころからやっていたのですが、渓流と湖がメインだったんです。新婚旅行でカリブ海に行きまして、そこで5日間のガイドフィッシングを体験したんです。対象魚はボーンフィッシュ、ターポン、スヌーク、パーミットというところで、ボーンフィッシとベビーターポンとスヌークは順調に釣れて、ある日、ボーンフィッシュ、ターポン、スヌーク、パーミット、4種類全部をバラした日がありまして、バラシのスーパーグランドスラムを達成しまして(笑)

 

―バラシの(笑)

松本 そこでもう、サイトフィッシングに完全にはまりました。それでもしばらくは渓流や湖をやっていて、プロショップサバロの丸橋英三さんにいろいろ教えていただいてシーバスはやっていたんです。そしてあるとき家内と、「沖縄でも旅行しようか」という話が出て、「沖縄に行くならソルトの釣りができるかな」と

 

―それは旅行が先だったんですか、釣りが先だったのでしょうか(笑)

松本 旅行に行くのは、釣りができるところじゃないと嫌だと言い張りました(笑)

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※この続きは、以下の本誌でもご覧いただけます。

FlyFisher2023年3月号 Early Spring

【特集1】南の島のフラットフィッシング

【特集2】水生昆虫小宇宙2023(おもに)メイフライ編

ここ数年、急速に広がっている日本のフラットフィッシング。 南のフィールドが開拓され、これまでメジャーだったクロダイとトレバリーに加えて、さまざまな対象魚が注目されています。 フィッシングガイドの数が増加していることも、この釣りをさらに楽しみやすくしてくれています。 まだまだ試行錯誤が続きますが、今号では、現時点でのメソッドやフライパターンなども紹介します。 また、「水生昆虫小宇宙2023」として水生昆虫研究家/写真家の刈田敏三さんによる解禁当初に注目すべきメイフライを解説していただいています。刈田さんがこれまでずっと提言しているように、私たちが見るべきは「ハッチ」ではなく「ドリフター」です。これらの虫がどのような形態で流下してくるかのサンプル写真が並びます。 さらに、さりげな添えられた刈田さんのフライパターンは長年研究を重ねてきた年輪とすごみが感じられます。


2023/2/7

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
Bibury Court
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
Bibury Court

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING