LOGIN
GOOSE FACTOR

実用性の高いシンプルなフライ02

筒井裕作さんのYPポッパー・サイドハックル

筒井裕作=フライタイヤー

YPポッパー・サイドハックル

 
 
 
軽さとポッピングの大きさを両立させる  

大阪湾のシーバス、クロダイに昔からポッパーを使っていて、改良を重ねて今の形に落ち着きました。制作に用いるホットグルーは接着が弱い反面、手際よく数多く作れるのがメリット。

 
 
Material

・フック……がまかつ SL11-3H #2

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・テイル……バックテイル 各色

・ボディー……YPフォーム ホワイト

・ボディー(補強)……ナイロンモノフィラメント 20ポンド

・サイド……コックネック グリズリー、ファーネス

・アイ……3Dシールアイ ※各部の接着にはホットグルーを用いる

 
 
 

Tech-1 ホットグルーをライターであぶって使う

 

Step1

 

フォームを2つ折りにして、ポッパーの形状にカット

 

Step2

切ったフォームを開いた状態

 

Step3

ホットグルーをライターであぶって塗る

 

Step4

カットしたモノフィラをグルーの上に乗せて接着

 

Step5

フォームを長方形に切り、モノフィラを挟んで接着する

 

Step6

ポッパーの口部分がモノフィラで補強されている

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/14

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING