LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

実用性の高いシンプルなフライ03

筒井裕作さんのトレイター(ウィードレスタイプ)

筒井裕作=フライタイヤー

トレイター(ウィードレスタイプ)

 
 
ウィードガードをフライのボディーに置き換える  

筒井さんがバスねらいでよく使っているフライで、主に藻のすぐ上や中を逃げる小魚を模している。ウィードガード自体をボディーとすることで、キール状態を保ちやすく、スナッグレス効果を高めている。

 
 
Material

・フック……がまかつ ワーム21 #2など SL11-3H #2

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・テイル……バックテイル 各色

・ボディー……YPフォーム ホワイト

・ボディー(補強)……ナイロンモノフィラメント 20ポンド

・ボディー……ステンレスワイヤ 0.3mm、ナイロンライン20ポンド

・ウエイト……レッドワイヤ

・フェイス……Vディスク

・アイ……3Dアイ

 
 
 

Tech-1 ウイードガード部分をボディーとして巻く

 

Step1

 

ウイードガードになるステンレスワイヤをフックのポイントにギリギリ当たらないくらいでカットする

 

Step2

ワイヤーをバイスにセット

 

Step3

スレッドでワイヤとナイロンライン(20ポンド)をつなげて巻く

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/15

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING