LOGIN
Little Bell

海用の実績フライ01

和氣恒久さんのWAKEペンシルポッパー

和氣恒久= フライタイヤー

WAKE ペンシルポッパー

 
 
左右に首を振る動きが逃げ惑う小魚のよう  

大阪湾でシーバスやクロダイをポッパーでねらう際に使っているフライ。水平に浮くよりも斜めに浮くようにしたことで、左右に首を振りながら、水しぶきを飛ばすエスケープアクションが可能になった。モチーフはカタクチイワシ。

 
 
Material

・フック……がまかつ B10-S #1/0か#1

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・テイル&ウエイト……タングステンビーズヘッド、ケブラーチューブ

・ボディー……ワイルドワイドフォーム シルバー

・テイル……フェザントテイルファイバー

・ボディー……へアズマスク

・インナーボディー……EPファイバー オリーブ

・アイ……シールアイ

 
 
 

Tech-1 フックに合わせてフォームを切り出す

 

Step1

ポッパーのボディーはフォームを2つ折りして作るため、最初に軽く折り目をつける

 

Step2

 

フックを挟んでみて、おおよその幅を確認してフォームをカットする

 

Step3

 

フォームを切り出した状態。2つ折りにした時にテーパーがつくようにする

 

Step4

 

フォーム内部に入れる各パーツを置いてバランスをチェックする

 

 

Tech-2 熱でフォームを張り合わせる

 

Step1

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/8

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING