LOGIN
Little Bell

海用の実績フライ02

和氣恒久さんのWAKEミノー

和氣恒久= フライタイヤー

WAKEミノーBIG

 
 
 
 
コノシロやボラを補食するランカー専用フライ  

80cm以上のランカーシーバスを全長20~40cmもあるフライでねらっている和氣さん。大型フライをバランスよく巻くコツは完成形をイメージすることと、空気を含みやすい構造を心がけることだという

 
 
Material

・フック……リューギ タントラムコントロール#5/0

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・テイル①……ビッグフライファイバー チャートリュース

・テイル②……ポーラーフラッシュ 各色

・ボディー①……EPファイバー ホワイト

・ボディー②……ビッグフライファイバー チャートリュース

・ボディー③……クラフトファー チャートリュース

・サイド……フラッシャブー 各色

・ギル……エアロドライウィング ピンク

・アイ……シールアイ

 
 
 

Tech-1 長いマテリアルをいくつも絡ませて膨らみをつくる

 

Step1

 

フックはワームフックを使用。テイルのビッグフライファイバーは先端が揃わないよう、ハサミを左右に細かく動かしながらカットする。

 

Step2

ポーラーフラッシュを数本まとめて捻り、ビッグフライファイバーの盛り上がった部分に重ねる。

 

Step3

2つのマテリアルが絡むようにする。

 

Step4

同様にポーラーフラッシュを捻って膨らみを持たせて留める。

 

Step5

マテリアルが膨らんだ状態をキープするよう絡めていく。

 

Step6

絡み具合はこのくらい

 
 
 

Tech-2 マテリアルのカサ増しで全体の厚みを出す

 

Step1

EPファイバーを適量、2つ折りにしてシャンク下側に留める。左右均等にするのがコツ。

 

Step2

EPファイバーを側面に広げて前工程で留めたポーラーフラッシュと絡める。

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/9

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING