LOGIN
ささきつりぐ

海用の実績フライ03

和氣恒久さんのWAKEクラブ

和氣恒久= フライタイヤー

WAKEクラブ

 
 
 
 
水流を受けて自発的に動くのがキモ  

有名なパーミット用フライ、バウワークラブをベースに、アピール性を高めた自信作。ゴム管で作ったツメが強烈にアピールする。水流を受けたレッグとツメが自発的に振動するのが効果的で、これまでにパーミットを何尾もキャッチしている。

 
 
Material

・フック……がまかつ SL11-3H #2(開き気味に加工)

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・アイ……モノフィラメント20ポンドを加工

・ダンベルアイ……レッドアイ1/40オンス

・タグ……シェニール ピンク

・クロー……ゴム管(直径3~5mmのもの)

・ボディー……マックフライフォーム オリーブ、ブラウン、タンをブレンド

・レッグ……ラバーレッグ ブラウン

 
 
 

Tech-1 ゴム管でカニのツメをつくる

 

Step1

 

ゴム管を固結びして関節を作り、ハサミで切れ込みを入れてツメの形にする。大きさは揃えたり、あえて左右差をつけたりしてもよい

 

Step2

ツメの付け根を縦に半分にカットして弾力を弱めて動きやすくする

 
 
 

Tech-2 カニの特徴になっているパーツを留めていく

 

Step1

ダンベルアイ、カニの目(アイ)を留め、ツメの付け根にシェニールを巻く

 

Step2

前工程で作ったツメを1本ずつ巻き留める

 
 

Step3

シェニールでツメが
閉じないように押さえているのがよくわかる

 
 
 
 

Tech-3 まだら模様のボディーを作る

 

Step1

ディアヘアでクリップトボディーを作るイメージで、短かく切ったマックフライフォームをシャンクに巻き留めフレアさせる

 

Step2

全体的にフレアさせた状態

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/12

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING