LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

定番パターンのバージョンアップ02

佐々木岳大さんのスピナーパラシュート

佐々木岳大= フライタイヤー

スピナーパラシュート

 
 
 
 
スペントウイングとパラシュートポストを組み合わせる  

普通のパラシュートパターンでは水面を破らないようなスプーキーなトラウトも、スペントウイングが発する独特のシグナルで、捕食スイッチをもうひと押しできると思っている。わずかなスペースにポストとスペントウイングを両方取り付ける工夫がある。

 
 
Material

・フック……TMC100 #12

・スレッド……ラガータン Xストロングスレッド 白 74デニール

・テイル……バーサテイル(クリア・ブラックティップ)

・ボディー……グースバイオット ラスティスピナー

・ソラックス……ピーコックハール

・ウイング……CDC ナチュラルダン

・ポスト……エアロドライウイング 白

・ハックル……コックネック ダングリズリー

 
 
 

Tech1 スペントウイングとパラシュートポストを付ける

 
 

Step1

下巻きした後、CDCフェザーをストークごとシャンクの両側に、スペント状に留める。

 

Step2

パラシュートポストになるエアロドライウィングをシャンクの上に乗せてたすき掛けで留める。

 

Step3

中央部分で折り、ポストを立ち上げる。

 

Step4

ポストの根元にハックルを取り付ける

 

Tech2 アダルトらしい引き締まったボディーを作る

 
 

Step1

テイルを取り付けた後、ボディーのグースバイオットを巻く。

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/1

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING