LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

定番パターンのバージョンアップ03

佐々木岳大さんのモヒカンメイフライ

佐々木岳大= フライタイヤー

モヒカンメイフライ(モンカゲロウバージョン)

 

 
エクステンドボディーの作り方とウイングを閉じた状態のメイフライの表現方法  

フォームで作ったエクステンドボディーが水面に接しないようなバランスで巻くのが重要。ボディー自体は一度作って慣れてしまえば簡単。むしろ手間がかかるのは、ウイング。ウイングはメイフライが羽を閉じた状態を表現するため、ディアヘア をモヒカン型に立てている。このディアヘアが短すぎたり、量が少なすぎるとこのフライのバランスが崩れるので、注意したいポイント

 
 
Material

・フック……TMC2499SP-BL #10

・スレッド……ラガータン Xストロングスレッド74デニール ベージュ

・ボディー……オープンセルフォーム5mm 白

・テイル……ムースボディー

・ウイング……ディアヘア ダイドイエロー

・ウイングケース……オープンセルフォーム5mm 白

・ハックル……アメリカンハックル バードダークジンジャー

・ソラックス……ポリダビング クリーム

・アイ……オープンセルフォームを黒か茶色で着色(今回はマッキーのライトブラウンを使用)

・リブ……スレッドをブラウンのマーカーで着色(ボディーとソラックスの色に違和感がないように、巻いた後にライトブラウンで着色する)

 
 
 

Tech1 テーパー形状が美しいエクステンドボディーの作りかた

 
 

Step1


フォームを2〜4mm程度の幅に切り出し、2つ折りにしてテーパー状にカットする。

 

Step2


後端部が斜めになるのが理想的。

 

Step3


後端部をエクステンドボディーツイスターにセットしてスレッドで留める。

 

Step4


テイルのムースボディーを取り付ける。

 

Step5


スレッドを着色する。

 

Step6


フォームの下にスレッドを通して、ムースボディーが上に立つようにする。

 

Step7


 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/2

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING