LOGIN
海人スタイル奄美

実用性の高いシンプルなフライ01

筒井裕作さんのフローティング・クラウザーミノー

筒井裕作=フライタイヤー

フローティング・クラウザーミノー

 
 
サブサーフェースをゆっくりと引ける  

ボブ・クラウザーが考案したクラウザーミノーは、年月を経ても色あせない定番パターンだが、ダンベルアイを用いるため軽く作るのが難しい。そこでダンベルアイをフォームで作り、水面直下を超スローで沈むようにしている。

 
 
Material

・フック……がまかつ B10-S #1/0か#1

・スレッド……ダンビル モノコード 70D

・テイル……バックテイル 各色

・ボディー……バックテイル 各色、ポーラーフラッシュ 各色

・アイ……フォーム材+モノフィラ

 
 
 

Tech-1 水面直下をスローに引くための一工夫

 

Step1

 

フォームのダンベルアイをつくるために、穴あけポンチでフォームを丸く抜く

 

Step2

ニードルを使って、丸く抜いた2枚のフォームに穴を開ける

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/13

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
海人スタイル奄美

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING