LOGIN
GOOSE FACTOR

定番パターンのバージョンアップ04

佐々木岳大さんのエクステンデッド・フォームビートル

佐々木岳大= フライタイヤー

エクステンデッド・フォームビートル

 

 
 
着水と同時に正しい姿勢で浮く低重心のフォームビートル  

フォームでボディーを作ったテレストリアルパターンで、特徴はフックシャンクの上にフォームを乗せているため、フックがぶら下がる形になり、フッキングがよいところ。ピーコックを巻いたボディーだけを複数作っておくと量産が速い。

 
 
Material

・フック……TMC2499SP-BL #12ほか

・スレッド……ラガータン Xストロングスレッド74デニール ブラック

・ボディー……ブラックオープンセルフォーム 5ミリ

・タグ……ポリダビング オレンジ

・アンダーボディー……ピーコックハール

・レッグ……豚毛のヘアブラシの黒

・インジケーター……エアロドライウィング ピンク

 
 
 

オープンセルフォームでボディーを作る

 

Step1


 

フォームを約1mm幅でカット。なるべく一直線に切れるハサミを使おう。

 

Step2


 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/5

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING