LOGIN
GOOSE FACTOR

定番パターンのバージョンアップ01

佐々木岳大さんのコンパラダン

佐々木岳大= フライタイヤー

コンパラダン

 
 
 
ディアホックが180度開いて、前に倒れない巻き方  

マッチング・ザ・ハッチの名パターンとして知られるコンパラダン。ディアホックのウイングをキレイに180度に開くことで、ウイング先端とボディーの下側だけが水面に接した状態をキープでき、ボディー全2体が水没しにくくなる。その姿はあたかも羽化したばかりのダンのようだとC&Fデザイン勤務の佐々木岳大さんは言う(ウイングの開きが甘いコンパラダンは、姿勢が崩れてクリップル状態になりやすい)。その結果、水面を流下するメイフライの姿をリアルに表現できるのだ。

 
 
Material

・フック……TMC100 #18

・スレッド……ラガータン Xストロングスレッド 74デニール ベージュ

・テイル……ムースボディー 2本

・ボディー……スーパーファインダビング ライトケイヒル

・ウイング……ディアホック ナチュラルほか

 
 
 

配置バランスを決める

 

Step1

 

コンパラダンを巻く際に注意したいのは、全体のバランス。シャンクの半分に下巻きして、その半分の位置にウイングを留め、さらにその前半部分にヘッドをつくるようにする。

 

Step2

シャンクの半分を目安に下巻きを調整する。

 

Step3

ヘッドのスペースを残しておくこと

 
 
 

ウイングの量とカットの方法

 

Step1

ディアホックは少ないと見栄えが悪い以上に浮力をキープできないので、写真の量くらいを基本にする。

 

Step2

ワックスを塗ったスレッドでシャンクとディアホックを一緒に握り込んだまま締め込む。

 

Step3

根元は切り口が斜めになるよう、段階的にカットする

 
 
 

ウイングを立てて180度に開く

 

Step1

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/30

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING