LOGIN
アカサカ釣具

定番パターンのバージョンアップ06

佐々木岳大さんのビーズヘッド・ヘアズイヤー

佐々木岳大= フライタイヤー

ビーズヘッド・ヘアズイヤー

 
 
ダビングループを使って、テーパーのあるボディーとボリュームのあるソラックスを作る  

定番中の定番ニンフだが、適当に巻くのではなくテーパー形状のボディーをキレイに作る方法を紹介する。スレッドにへアズマスクをよりつけるが、それをダビングループにして、挟んだヘアをピックアウトする。これにより少ないヘアのでも効率よくヘアが立ち上がって見える。あとはテーパー状になるよう巻き付ける回数を変えるだけで、本物のニンフっぽいシルエットに仕上がる。

 
 
Material

・フック……TMC3769 #12

・ビーズヘッド……ゴールド 3.2mm

・ウエイト……レッドワイヤ #2

・スレッド……ラガータン ×ストロングスレッド74デニール ラスト

・テイル……フェザントテイルファイバー

・ボディー……へアズマスク

・リブ……ラガータン ラットティンセル ゴールドスモール

・リブ(逆巻き)……ラガータン ノンターニッッシングワイヤ ゴールド ファイン(耐腐食)

・ソラックス……へアズマスク

 
 
 

ダビングループでヘアの長さと密度をコントロールする

 

Step1

 

ビーズ、テイル、リブの取り付けなど、ダビングまでの工程は一般的なビーズヘッド・ニンフと同じ。スレッドにはへアズマスクを細長くよりつけておく。

 

Step2

 

テイル側から巻くため、スレッドのみの部分を残しておく。

 

Step3

 

ループを作って、よりつけておいたへアズマスクを挟む。

 

Step4

 

ダビングループを捻っていく。

 

Step5

 

へアズマスクをブラシでピックアウトしていく。

 
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/12/7

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
アカサカ釣具
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
アカサカ釣具

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING