LOGIN

釣行レポート【鳥取県/千代川水系】

2019年8月31日

松井伸吾=写真と文

鳥取の渓流を中心に活動するフィッシングガイド、松井伸吾さんによる千代川(せんだいがわ)水系のレポートです。

《Profile》
松井伸吾(まつい・しんご)
兵庫県三田在住。1982年生まれ。山陰、北陸、の渓流を釣り歩く。フライがメインだが、バスフィッシング歴も長く、ジギング、ワカサギなども楽しむ。山陰地区、特に鳥取のフライ、ルアーのガイドサービス「山陰トラウトフィッシング(STF)ガイド」を展開。バリバスフィールドテスター。

山岳渓流




鳥取県千代川水系の渓流状況(8月31日)ですが、秋雨前線の影響でお盆中に渇水だった渓流は水量が平水に戻っているところが多くなっています。ガイドをしていて感じるのは魚の活性は間違いなく上向きの状況だということ。




特にイワナの活性は高く、水量が戻って息を吹き返したかのように反応はよかったです。

フライは、ピーコックやブラックのボディーを使用したテレストリアル系のドライフライであればなんでも食ってくる感じで、サイズも#10〜#14で充分釣りになります。




里川


8月31日時点で、里川は支流によっては濁りが入っているところもありましたが、2日もあればその濁りも落ち着くと思われます。

ササ濁り程度であればそこまで問題はなく、釣りは可能です。

これから禁漁までの間は再び里川でヤマメ釣りを楽しむことができそうです。

ヤマメねらいの場合、時間帯は朝夕がおすすめで、とくに午前中がよく、日の出から9時くらいまでがチャンスタイム。




アントパターンも定番ですが、おすすめはディアヘアやエルクヘアをたっぷり巻いたホッパーやスティミュレーターのパターン。サイズは#8前後が有効です。




ねらうポイントは主に大岩が絡む瀬や流れ出し。尺クラスを絞るのであれば、こうした大型ドライフライを積極的に使っていくとよい結果が得られると思います。

2019/9/3

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING