LOGIN

フィールドガイド【岩手県/志戸前川】

水量が落ち着く6月以降はフライに最適

根子憲一=解説
木滝橋より上流を望む。淵と玉石底の瀬が交互に現われる渓相が大地沢出合まで続く

なだらかな流れが続く美しい渓相。上流域は探りきれないほどテクニカルなポイントが多い
◆『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
根子 憲一(ねご・けんいち) 岩手育ちの現在は埼玉県在住。渓流釣り歴約25年。渓流釣りは、登山やサーフィンなどの遊びと同じく自然に一体となれるところが素晴らしく、魚が釣れればなお楽しい。雫石川漁業協同組合組合員

奥羽山脈・羽後朝日岳、モッコ岳を源とする志戸前川は、雫石川源流となる竜川の最大支流であり、荒沢、大地沢、小志戸前沢などを合わせて竜川に注いでいる。落差が激しい竜川の渓相に対して、志戸前川は上流域までおおむねなだらかな渓相が特徴である。

ナメ底と小砂利底が交互に繰り返す美しい流れが自慢の志戸前川であったが、残念ながら近年のゲリラ豪雨の影響をうけ、多くの好ポイントが失われてしまったことは否めない。

ここでは、おすすめの渓流釣り場として、志戸前川の流域を大きく4つに区切って解説してみたい。
※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2019/6/10

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2020年3月号 Early Spring

特集
LOCAL FLIES
北海道から沖縄まで、46名の271本。

第2特集
ウエット&ストリーマー、4人のエキスパートによる水中考察

今年活躍するであろう、フライパターンを46名の方々に紹介していただきました。マッチング・ザ・ハッチ用、海のストリーマーや甲殻類、ウエットフライに本流用ストリーマーまで日本の各釣り場に対応したフライが並びます。
このほか、第2特集として、本流のウエットフライとストリーマーの流し方を、概念図を使って解説しています。名手4人全員に同じポイント図を渡し、ラインシステム、立ち位置、キャストの方向、スイングするラインの形など、それぞれのイメージを描き込んでいただきました。各自の共通点、相違点を比較しながら、釣りに役立ててください。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING