LOGIN
Little Bell

フィールドガイド【岩手県/志戸前川】

水量が落ち着く6月以降はフライに最適

根子憲一=解説
木滝橋より上流を望む。淵と玉石底の瀬が交互に現われる渓相が大地沢出合まで続く

なだらかな流れが続く美しい渓相。上流域は探りきれないほどテクニカルなポイントが多い
◆『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
根子 憲一(ねご・けんいち) 岩手育ちの現在は埼玉県在住。渓流釣り歴約25年。渓流釣りは、登山やサーフィンなどの遊びと同じく自然に一体となれるところが素晴らしく、魚が釣れればなお楽しい。雫石川漁業協同組合組合員

奥羽山脈・羽後朝日岳、モッコ岳を源とする志戸前川は、雫石川源流となる竜川の最大支流であり、荒沢、大地沢、小志戸前沢などを合わせて竜川に注いでいる。落差が激しい竜川の渓相に対して、志戸前川は上流域までおおむねなだらかな渓相が特徴である。

ナメ底と小砂利底が交互に繰り返す美しい流れが自慢の志戸前川であったが、残念ながら近年のゲリラ豪雨の影響をうけ、多くの好ポイントが失われてしまったことは否めない。

ここでは、おすすめの渓流釣り場として、志戸前川の流域を大きく4つに区切って解説してみたい。
※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『岩手「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2019/6/10

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING