LOGIN

フィールドガイド【長野県/阿寺川】

遡行しやすい木曽川水系の美渓

加藤俊寿=解説
阿寺渓谷キャンプ場の上流。入渓しやすい中流域の人気ポイント

観光地の阿寺渓谷から源流まで全流域がフィールド。美しい「阿寺グリーン」の流れにイワナとアマゴが泳ぐ
◆『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
加藤 俊寿(かとう・としひさ)
静岡県在住。渓流釣り歴25年。「渓流釣りは、“釣れた1尾”よりも“釣った1尾”を大切にしたい」。

木曽大桑村と岐阜県境にある井出ノ小路山を水源とする阿寺川。下流域は観光地としても有名な阿寺渓谷を成し、大岩を配したエメラルドグーンの流れは「阿寺グリーン」とも呼ばれ、見る者を魅了する。

源頭は標高1500mほどにあるため、解禁当初は水温が低い。河原も雪に覆われており、釣りをするには厳しい。5月のゴールデンウイーク明けには水量も落ち着き始め、浅いポイントからも魚の反応が出始める。

対象魚はアマゴとイワナ。木曽地方ではアマゴをタナビラと呼ぶ。黄色い胸ビレのアマゴはエメラルドグリーンの渓に溶け込むような美しさを誇る。


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載している阿寺川のフィールドガイドは、単行本『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2019/8/27

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
 

NOW LOADING