LOGIN

フィールドガイド【長野県/阿寺川】

遡行しやすい木曽川水系の美渓

加藤俊寿=解説
阿寺渓谷キャンプ場の上流。入渓しやすい中流域の人気ポイント

観光地の阿寺渓谷から源流まで全流域がフィールド。美しい「阿寺グリーン」の流れにイワナとアマゴが泳ぐ
◆『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
加藤 俊寿(かとう・としひさ)
静岡県在住。渓流釣り歴25年。「渓流釣りは、“釣れた1尾”よりも“釣った1尾”を大切にしたい」。

木曽大桑村と岐阜県境にある井出ノ小路山を水源とする阿寺川。下流域は観光地としても有名な阿寺渓谷を成し、大岩を配したエメラルドグーンの流れは「阿寺グリーン」とも呼ばれ、見る者を魅了する。

源頭は標高1500mほどにあるため、解禁当初は水温が低い。河原も雪に覆われており、釣りをするには厳しい。5月のゴールデンウイーク明けには水量も落ち着き始め、浅いポイントからも魚の反応が出始める。

対象魚はアマゴとイワナ。木曽地方ではアマゴをタナビラと呼ぶ。黄色い胸ビレのアマゴはエメラルドグリーンの渓に溶け込むような美しさを誇る。


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載している阿寺川のフィールドガイドは、単行本『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2019/8/27

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年12月号 Mid Autumn

第1特集
フライライン大宇宙

第2特集
渓で夜を過ごすという冒険、リバーステイ


#3〜4の渓流用ラインを中心にフライラインを特集します。現在日本で入手可能なメーカーの解説や、38本の振り比べなど、どれを選べばよいか悩んでいるフライフィッシャーのための記事を作りました。記事をとおして感じるのは、メーカーがそれぞれにこだわりを持って作っていることと、ラインは「良し悪し」ではなく、「好き嫌い」で選んでよいのではないか、ということです。個人のキャスティングのクセ、使うフライやロッド、よく行くフィールドなどによって、評価基準は千差万別。あなたに合った1本を見つけてください!
第2特集では「リバーステイ」。源流へ行くのではなく、渓流で泊まる3つのストーリーをお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING