LOGIN

フィールドガイド【長野県/阿寺川】

遡行しやすい木曽川水系の美渓

加藤俊寿=解説
阿寺渓谷キャンプ場の上流。入渓しやすい中流域の人気ポイント

観光地の阿寺渓谷から源流まで全流域がフィールド。美しい「阿寺グリーン」の流れにイワナとアマゴが泳ぐ
◆『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
加藤 俊寿(かとう・としひさ)
静岡県在住。渓流釣り歴25年。「渓流釣りは、“釣れた1尾”よりも“釣った1尾”を大切にしたい」。

木曽大桑村と岐阜県境にある井出ノ小路山を水源とする阿寺川。下流域は観光地としても有名な阿寺渓谷を成し、大岩を配したエメラルドグーンの流れは「阿寺グリーン」とも呼ばれ、見る者を魅了する。

源頭は標高1500mほどにあるため、解禁当初は水温が低い。河原も雪に覆われており、釣りをするには厳しい。5月のゴールデンウイーク明けには水量も落ち着き始め、浅いポイントからも魚の反応が出始める。

対象魚はアマゴとイワナ。木曽地方ではアマゴをタナビラと呼ぶ。黄色い胸ビレのアマゴはエメラルドグリーンの渓に溶け込むような美しさを誇る。


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載している阿寺川のフィールドガイドは、単行本『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2019/8/27

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING