LOGIN

『FlyFisher』2018年Spring発売!

4月22日発売

FlyFisher編集部=写真と文

釣りに関係する仕事をしているわりに、編集部が釣りに行く機会は意外と少ないものです。取材の合間の空き時間は、ロッドを振る最大のチャンスですが、充分満足できるほどの釣りができることは稀。

しかも仕事柄、名手たちの爆釣談を聞いたり、素晴らしい魚体の写真を眺めたりする機会は多いので、「あぁ、いいなあ」とため息ばかりを漏らす日々……。

そんなわけで、編集部の「とにかく釣り旅に出たい!」という思いが募り、今号の特集が「旅日和、釣り日和」になったしだいです。

個人的な話で恐縮ですが私の場合、家族が釣りに理解を示しているわけでもなく、休みの日の行先を自由に決められるわけではありません。おそらく似たような事情の方は多いと推察しますが、今号では京都、金沢、台湾など、「家族サービス」という大義名分を掲げられ、しかも釣りができる場所を紹介しています。

そして渓流でも湖でも盛期を迎える今、やっぱり手にしたいのが大型魚です。東北の尺ヤマメ、ドライフライでねらう中禅寺湖のブラウントラウトやレインボートラウト、そしていつかは釣りたい、北海道・朱鞠内湖のイトウ……。美しい写真で、それら憧れの魚たちを掲載しています。

ゴールデンウイーク直前の今、旅の計画を立てるなら、ぜひこの『FlyFisher』を参考にしてください。
(編集長 真野秋綱)

<最新号はこちらから>



2018/4/18

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年9月号 Mid Summer

特集
釣り旅東北

第2特集
ディープに踏み込む名手たちのフライ論

今号は日本のフライフィッシングの原風景ともいえる東北へ行ってきました!
秋田、岩手、山形、宮城、福島……。現地のフライフィッシャーにフィールドを案内していただきながら、ポイント選びのコツだけでなく、おすすめのスポットを紹介しています。
また、第2特集として、エキスパートのフライに対する考え方を伺いました。縦巻きハックル、ピーコックのコンプリートを使いこなすウエットフライ、経験をフライに反映するための考え方、ジョインテッドフライ、個性爆発のバスバグ、北海道のビッグドライなどを取り上げます。
好評連載、備前貢さんによる「オホーツク通信」は北海道産マテリアル、エゾジカ・ヘアについて熱く語ります!
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING