LOGIN

『FlyFisher』2018年Spring発売!

4月22日発売

FlyFisher編集部=写真と文

釣りに関係する仕事をしているわりに、編集部が釣りに行く機会は意外と少ないものです。取材の合間の空き時間は、ロッドを振る最大のチャンスですが、充分満足できるほどの釣りができることは稀。

しかも仕事柄、名手たちの爆釣談を聞いたり、素晴らしい魚体の写真を眺めたりする機会は多いので、「あぁ、いいなあ」とため息ばかりを漏らす日々……。

そんなわけで、編集部の「とにかく釣り旅に出たい!」という思いが募り、今号の特集が「旅日和、釣り日和」になったしだいです。

個人的な話で恐縮ですが私の場合、家族が釣りに理解を示しているわけでもなく、休みの日の行先を自由に決められるわけではありません。おそらく似たような事情の方は多いと推察しますが、今号では京都、金沢、台湾など、「家族サービス」という大義名分を掲げられ、しかも釣りができる場所を紹介しています。

そして渓流でも湖でも盛期を迎える今、やっぱり手にしたいのが大型魚です。東北の尺ヤマメ、ドライフライでねらう中禅寺湖のブラウントラウトやレインボートラウト、そしていつかは釣りたい、北海道・朱鞠内湖のイトウ……。美しい写真で、それら憧れの魚たちを掲載しています。

ゴールデンウイーク直前の今、旅の計画を立てるなら、ぜひこの『FlyFisher』を参考にしてください。
(編集長 真野秋綱)

<最新号はこちらから>



2018/4/18

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING