LOGIN

『FlyFisher』2018年Spring発売!

4月22日発売

FlyFisher編集部=写真と文

釣りに関係する仕事をしているわりに、編集部が釣りに行く機会は意外と少ないものです。取材の合間の空き時間は、ロッドを振る最大のチャンスですが、充分満足できるほどの釣りができることは稀。

しかも仕事柄、名手たちの爆釣談を聞いたり、素晴らしい魚体の写真を眺めたりする機会は多いので、「あぁ、いいなあ」とため息ばかりを漏らす日々……。

そんなわけで、編集部の「とにかく釣り旅に出たい!」という思いが募り、今号の特集が「旅日和、釣り日和」になったしだいです。

個人的な話で恐縮ですが私の場合、家族が釣りに理解を示しているわけでもなく、休みの日の行先を自由に決められるわけではありません。おそらく似たような事情の方は多いと推察しますが、今号では京都、金沢、台湾など、「家族サービス」という大義名分を掲げられ、しかも釣りができる場所を紹介しています。

そして渓流でも湖でも盛期を迎える今、やっぱり手にしたいのが大型魚です。東北の尺ヤマメ、ドライフライでねらう中禅寺湖のブラウントラウトやレインボートラウト、そしていつかは釣りたい、北海道・朱鞠内湖のイトウ……。美しい写真で、それら憧れの魚たちを掲載しています。

ゴールデンウイーク直前の今、旅の計画を立てるなら、ぜひこの『FlyFisher』を参考にしてください。
(編集長 真野秋綱)

<最新号はこちらから>



2018/4/18

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING