LOGIN
Little Bell

拝啓、ジム・グリーン様

ポジティブストップがつなぐフライキャスティング

尾花寛康=写真と文

誰もが「ロッドを曲げろ」という。しかし、「ティップを跳ね返せ」という人は少ないはずだ。今回はジムが考えるポジティブ・ストップとその腕の使い方について、少しばかり巨匠の声に耳を傾けてみようではないか!

この記事は2019年Early Summer号に掲載されたものを再編集しています

フライキャスティングとは?

ジムに「振ってみろ」といわれ、脇を閉じ、前腕と上腕を90度にし、ヒジの上下を使いリストを閉じ気味でいつものように振る。

いいキャスティングだと思うが、ジムの顔をみると何か違うことを考えている。

『もう少しラインを長くしてみろ!』といわれ、60cmほど伸ばして先ほどと同じように振る。

するとラインがおかしくなったらしい。当時の私のキャスティングの技量では、何がよくて何が悪いのか、そもそもループとは何かがわかっていなかったのだと思う。

ジムが近づいてきて、「ラインに張りがなくなっただろう? なぜだかわかるか?」といわれ、頭の中は、「???」状態になる。

「ラインが長くなったのにストロークが増えていないだろ。長いラインには長いストロークが必要なんだよ」といわれ、頭がさらにパニックになる。

「意味がわからない」と伝えると、ジムがロッドを持って実演してくれる。確かにラインが長くなるとヒジが前後に動き出している。

「お前のキャスティングはラインが短い時はいいが、ヒジが固定されて前後に動けないからラインが長くなるとストロークが足りなくなって、ティップがラインをしっかり引っ張ることができないんだよ。だからラインがゆるむだろ!」といわれたものの、このスタイルで釣りをしてきた自分には、理解にはほど遠い状態であった。

小指球(Heel of the hand)と親指でロッドを止めるときに必要な筋肉の使い方。ストップのとき、手、前腕、肩の筋肉を固めることが重要



※この記事の続きは有料メンバー登録するとご覧いただけます。




2021/2/1

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING