LOGIN
GOOSE FACTOR

『FlyFisher』2018年 Fall 発売!

<10月22日発売>

FlyFisher編集部=写真と文

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。なんでこんな記事を作ったかといえば、自分自身、水辺で悔しがった経験がたくさんあったからです。

巻頭に登場するのは、南アフリカ出身のフランソワが、水辺で頭を抱えるシーン。とあるプールで、左岸側にはフランソワが立ち、右岸側の護岸上でカメラマンの津留崎健さんが陣取っていました。そのプールには、推定32cmという大ヤマメがライズ……。フライはその魚の前に落ち、ゆっくりと、ごく自然に流れていきました。

「これは食うぞ……」

息を呑んでフライを見守る釣り人とカメラマン。そしてヤマメはゆっくりと浮いて、フライをパクリ。魚が反転するのとほぼ同時にフランソワがロッドを立てたように見えましたが、なぜかすっぽ抜け……。

その時は全員の脳裏に「?」が浮かびましたが、なぜすっぽ抜けたのかは、後日判明。写真には、ばっちりその瞬間が写っていたからです。……詳しい内容については、記事をじっくり読んでみてください。

もうひとつ、秋号で特集しているのは北海道。本州の渓流がほとんど禁漁になった今でも、北海道ではニジマスやイトウと遊ぶことができます。屈斜路湖や朱鞠内湖など、人気フィールドの状況についてレポートしています。

ほかにも今号では、ペゾンのバンブーロッドについて掘り下げています。おそらく今後も、これだけの数のロッドが集まることはないのでは……。

そんなわけで、秋号も盛りだくさんの内容。ぜひぜひ手に取ってみてください!
(編集長 真野秋綱)




2018/10/19

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING