LOGIN
アカサカ釣具

筒井裕作さんのキャスティング方法

低い位置からキャストを繰り出す人が筒井さんだ〈東〉

東知憲、筒井裕作=解説 編集部=写真

パワフルな前位置を基礎としてモーション構築

flyfisher photo

ほんの軽い力で、ウエイトフォワードラインのヘッド部分を出すようにフォルスキャスト。両端を軽く蹴り上げる、振り子投げ( アンダーループ・キャスト)

 

flyfisher photo

その後いったん上に蹴り上げられたバックループがすこし落ち、フォワードの角度と揃ったらオーバーヘッドのプレゼンテーションへと移行

 

私の知り合いのフライフィッシャー/キャスターの中で、もっとも低い位置からキャストを繰り出す人が筒井さんだ。フォワードのストップ位置、すなわちプレゼンテーションキャストの終了ポジションとしてもっとも快適な場所を決め、そこで完結するためのテクニック、ロッドの硬さ、振り方のテクニックなどを整頓している彼の言うことはきわめて論理的、傾聴に値する。ソルトウォーター派であるが、ショートキャストの重要性を強調する人〈東〉

「僕は、上半身の筋肉とか腕の筋肉とか、ほかの人より強いとは全然思わないです。どっちかっていうと非力なほう。僕がキャスティングを行なう手のポジションって、いろんな人と比べて低いと思いますが、僕はあそこが快適なんですね。フォワードのストップがここで決まっちゃったので、そこから逆算してバックの止める位置を決めている感じです。磯でフライフィッシングやったりするときはハイバックスタイル。バックキャストでは高く止めて障害物をクリアして、フォワードではサオを下に持ってきてパワフルな位置で止めてプレゼンテーション。でもロッドの振り角度自体は狭いです。

ちなみに実際の釣りでは、番手を問わず、15~20mの範囲を釣ることが多いかと思うんです。もちろん飛ばさないとならない時もあるので、そこはがんばりますけど、つねに20m以上飛ばそうとして体力を消費するよりも、たとえばボートフィッシングであれば快適に投げられるレンジをキープしといて、船でスーッと寄っていってさっと投げるほうがいい、と僕は思いますね。とくにシーバスをボートから釣る場合だと、キャスト回数を多くしたほうが釣れるんですよね。ストラクチャーと対面して投げる場合、魚を引っ張り出せる距離が限られているからということです。つまり手数が多いほうがよいということですね。レンジが短いとていねいにポイントを探ることができますし、ロングキャストでピシャッと落ちるよりも、ショートキャストでスッと落ちたほうがよい、と僕は思いますね。ショートキャストをきっちり決めるほうが、魚は釣れます」。

 

 

張り続けるループで「重い」「大きい」へ対応

flyfisher photo
※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2024/5/23

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING