LOGIN

『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』

有料メンバー限定プレゼント企画!

FlyFisher編集部=写真と文
『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』
カラー:ライトブラウン/アイボリー(ランニングライン部)
ラインナップ:#3、#4、#5(#6、#7はお取り寄せ)
ライン全長:90フィート
価格:8,500円+税

米国のフライラインメーカー「ROYAL WULFF PRODUCTS」では、パラボリックなバンブーロッドのアクションに特化してデザインされた『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』をラインナップ。

『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』
(詳細はこちらのページにも紹介されています)
問い合わせ先
ONE EYED Flyfish(ROYAL WULFF PRODUCTS 正規輸入代理店)
ホームページ:oneeyedflyfish.jimdo.com
販売サイト:oedflyfish.thebase.in



同社のラインではリー・ウルフがデザインした「トライアングルテーパー」が代表的ですが、こちらがベリー部分がなく、ヘッド全体にわたってテーパーが付いている構造であるのに対し、『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』では長いベリーが特徴です。

長いラインをメンディングする際にも有利なテーパーで、パラボリックなバンブーロッドやグラスロッドとの相性がよく、またそうしたロッドに見られる特徴と同様に、意識してラインスピードを上げなくてもトルクフルなループが作りやすく、ターン性能も高いのが特徴です。


一方で、ベリーの長さを活かして遠投、または遠い距離からのメンディングが必要なら、最新のグラファイトロッドに合わせるのも面白いはず。#5以上の番手はウエットフライ用としてもおすすめです。

テーパーはWF構造ですが、フロントテーパーに続くベリー部分が#3で37フィートと長い(一般的な#3WFのベリーは30フィート前後)ので、特に渓流で実用的な10mほどの距離では、通常のDTラインと同じ感覚で使うことができます。


ライン径が細めで密度が高いので比較的風の影響を受けにくく、春先のライズの釣りにも重宝しそうです。ライン自体の硬さがScientific Anglers(SA)製ラインとしては柔らかめに作られているので(ラインの製造は現在SA社に委託)、メンディングを多用する人にもおすすめです。

多少大きめのドライフライでも、ねらったスポットに打ち込みやすく、夏以降のイワナ釣りなどにも活躍してくれそうです。

今回は『FlyFisher ONLINE』有料メンバーの方を対象に、#3(WF/フローティング)を1名様にプレゼント致します。

有料メンバーにご登録いただくと、下記に応募フォームが表示されますので、必要事項をご記入のうえ、ご送信ください。なお、当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
◆ご応募締切:平成30年5月末日


※プレゼントの応募は、有料メンバー(月額700円+税)対象のサービスとなります。

2018/5/4

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 2,750円(税込) A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2021年3月号 Early Spring

今回はキャスティングとリールと大きく2つの特集を組みました。

 ご存知のとおり、フライキャスティングはキャスターそれぞれに
理論と動作が存在するといっても過言ではありません。
本特集では、さまざまな用語で語られるキャスティングを、海外とも深いコネクションを持ち、
インストラクタープログラムの日本定着にも大きく貢献した東知憲さんとともに、
渓流、湖、海、それぞれのエキスパートたちを訪ね、彼らとともにキャスティングを掘り下げました。
彼らの相違点と共通点、興味深い言葉を引き出すことができました。
読者の皆様のフライキャスティング上達へのヒントになれば幸いです。
 そして、もうひとつの特集はフライリール。70台以上が並びます。
日本におけるフライリールの歴史や、リールを愛しすぎて自分で作りはじめたガレージメーカーへのインタビューなど、
物欲を刺激するページが続きます。

[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING