LOGIN

『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』

有料メンバー限定プレゼント企画!

FlyFisher編集部=写真と文
『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』
カラー:ライトブラウン/アイボリー(ランニングライン部)
ラインナップ:#3、#4、#5(#6、#7はお取り寄せ)
ライン全長:90フィート
価格:8,500円+税

米国のフライラインメーカー「ROYAL WULFF PRODUCTS」では、パラボリックなバンブーロッドのアクションに特化してデザインされた『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』をラインナップ。

『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』
(詳細はこちらのページにも紹介されています)
問い合わせ先
ONE EYED Flyfish(ROYAL WULFF PRODUCTS 正規輸入代理店)
ホームページ:oneeyedflyfish.jimdo.com
販売サイト:oedflyfish.thebase.in



同社のラインではリー・ウルフがデザインした「トライアングルテーパー」が代表的ですが、こちらがベリー部分がなく、ヘッド全体にわたってテーパーが付いている構造であるのに対し、『BAMBOO SPECIAL FLY LINE』では長いベリーが特徴です。

長いラインをメンディングする際にも有利なテーパーで、パラボリックなバンブーロッドやグラスロッドとの相性がよく、またそうしたロッドに見られる特徴と同様に、意識してラインスピードを上げなくてもトルクフルなループが作りやすく、ターン性能も高いのが特徴です。


一方で、ベリーの長さを活かして遠投、または遠い距離からのメンディングが必要なら、最新のグラファイトロッドに合わせるのも面白いはず。#5以上の番手はウエットフライ用としてもおすすめです。

テーパーはWF構造ですが、フロントテーパーに続くベリー部分が#3で37フィートと長い(一般的な#3WFのベリーは30フィート前後)ので、特に渓流で実用的な10mほどの距離では、通常のDTラインと同じ感覚で使うことができます。


ライン径が細めで密度が高いので比較的風の影響を受けにくく、春先のライズの釣りにも重宝しそうです。ライン自体の硬さがScientific Anglers(SA)製ラインとしては柔らかめに作られているので(ラインの製造は現在SA社に委託)、メンディングを多用する人にもおすすめです。

多少大きめのドライフライでも、ねらったスポットに打ち込みやすく、夏以降のイワナ釣りなどにも活躍してくれそうです。

今回は『FlyFisher ONLINE』有料メンバーの方を対象に、#3(WF/フローティング)を1名様にプレゼント致します。

有料メンバーにご登録いただくと、下記に応募フォームが表示されますので、必要事項をご記入のうえ、ご送信ください。なお、当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。
◆ご応募締切:平成30年5月末日


※プレゼントの応募は、有料メンバー(月額700円+税)対象のサービスとなります。

2018/5/4

つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…
つり人社の刊行物
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編
瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編 本体2,500円+税 A5判カラー256ページ
1998年刊行の幻の名著が2020年の視点も加筆されて、復刊です。 フィッシングライターとして現在も活躍する佐藤成史さんのライフワーク、人間の活動などにより生息場所を狭められる渓流魚たちを追いかけ写真に収めた貴重な記録。 インターネット前夜…

最新号 2020年12月号 Mid Autumn

特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

 今号の特集はウエットフライ。十人十色、という言葉がこれほどマッチするフライフィッシングはないかもしれません。エキスパートたちには「この釣りを始めたきっかけ」から、今実践しているテクニックまで、さまざまな質問をぶつけてみました。すると、実は似たような釣り方をしていることも少なくない、ということに気づかされました。
 先般22年ぶりの復刊となった、佐藤成史さん著『瀬戸際の渓魚たち』。Special Topicsと題しまして、阿武隈高地の天然イワナについて現状を取材してきました。日本列島形成の背景をもとに浮かび上がってきたのは、イワナたちの「山越え」という仮説。人類の営みと比べたら気の遠くなるような時間をかけて脈々と受け継がれてきたイワナたちの「血」。そんな歴史を感じることのできる幸福と、現状への警鐘があぶり出されています。
 巻末の長編特集は、来日も幾度となく果たし、「フライキャスティング」に大変革をもたらしたといってよい、メル・クリーガーさんを紹介しています。メルさんをよく知る5名に、知られざる側面を含めた彼の功績、人となりを語ってもらいました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING