LOGIN
海人スタイル奄美

バックボーンミノーのタイイング

コノシロシーズンのシーバスねらいに効果的なフライです

解説=丸山聰 写真と文=編集部

※この記事はFLY FISHER 2022年3月号 (2022-01-21)を再編集したものです

 

 

flyfisher photo
Profile 丸山聰さん

東京都在住。カーボンソリッド・シャフトを削った八角形のブランクを持つフライロッド「オクタゴン」のロッドビルダー。渓流、湖の釣りを経て、ここ15年くらいは海の釣りを中心に釣行。東京湾のコノシロパターンがきっかけで、ビッグフライに挑戦するようになった。ソリッドオクタゴン代表。1963年生まれ

 

 

バックボーンミノー petヘッドⅡ

flyfisher photo

バックボーンミノー petヘッドを簡素化したバージョンです。金属加工の必要がないので、作りやすいと思います。ボディーとテイルの長さやフラッシャブーの密度を簡単に変えられるので、ビッグフライに限らず、トラウト用ストリーマーにも応用できると思います。

 

flyfisher photo

ヘッドには空気抜き用の穴を開けている。こうすると水になじみやすくなる

flyfisher photo

 

 

flyfisher photo

 

flyfisher photo

 

flyfisher photo

繊維状のマテリアルを片側だけ接着すると、ダブリングしたようになる。クラフトファー(左上)やオーストリッチハール(上)、さらにハックルウエブ(左)なども、これまで以上に使えるマテリアルになりそうだ

 

flyfisher photo

ハックルウエブをゾンカーのように留めた5cmほどのストリーマー。ビッグフライ以外にも用途は広がりそうだ

 

flyfisher photo

丸山さんが使っているのは、2枚のアルミの板。2ヵ所ネジ留めできるようにしている

 

 

Material

フック……ストリーマー用ショートシャンク #1/0

サブフック(背中側)……ザップ・パイルドライバー #3/0 ※両フックは石鯛ワイヤー#38 を介して接続。ワイヤはフックにスレッドで巻き留める

スレッド……モノコード

スレッド……ヴィーヴァスGSP 100D

ヘッドシャフト……超弾性合金ワイヤ(0.3mm)※ PE ラインでもOK

テイル&ボディー……フラッシャブー(ブラック、チャートリュース)

ヘッド……ペットボトルをカットして加工

アイ……3D シールアイ

 

 

 

 

フラッシャブーをプレートに挟む工程がこのフライの特徴

丸山さんのバックボーンミノーを作るには、フラッシャブーを挟んで接着するために、金属板が4枚必要となる。ホームセンターなどで売られているアルミやステンレスのプレートを使うのが手っ取り早い。ずれないようにネジ留めできるとなおよい。

 

 

Step1

flyfisher photo

 

フラッシャブーをひと束カットする。長さは7~8cmほど。好みで長さは変えてもよい

 

Step2

flyfisher photo

カットしたフラッシャブーを金属プレートの上に広げ、斜めに並べる。長さや向きは大体そろっていればOK。プレートに矢印が書いてあるのは、挟んだ後にフラッシャブーの向きがわからなくなるのを防ぐため

 

Step3

flyfisher photo

もう1枚のプレートで挟み、ネジを締めて留める。ネジがない場合は左右を輪ゴムなどで留めるとよいだろう

 

Step4

flyfisher photo

プレートからはみ出しているフラッシャブーがわずかに出る(0.1〜0.2mm)くらいでカットする

 

Step5

flyfisher photo

プレートからわずかに出ているフラッシャブーが見える。ここにPEラインやワイヤーと接着する

 

Step6

flyfisher photo

同じようにもう1セットフラッシャブーをプレートに挟んで、余分をカットしておく

 

Step7

flyfisher photo

テイル&ボディーのシャフトは、PEライン(0.8~1号)やナイロンライン(16Lb前後)が扱いやすい。金属のワイヤを使う場合は、表面をサンドペーパーなどで軽くヤスリがけすると接着しやすくなる

 

Step8

flyfisher photo

シャフトをプレートに乗せて、シリコン系接着剤(丸山さんはスーパーXを使用)をニードルなどで塗布する

 

Step9

flyfisher photo

もう1つのプレートにも接着剤を塗って、シャフトを接着した側のプレートに乗せる

 

Step10

flyfisher photo

上に乗せる場合に注意したいのが、少しズラしておくこと。こうしておかないとフックに巻き留めるスペースが少なくなってしまう

 

Step11

flyfisher photo

接着剤が乾くまで約30分ほど待つ。プレートが倒れないように輪ゴムで留めておくとよいだろう

 

Step12

flyfisher photo

30分経過したらプレートを外す。写真のようになっていれば成功だ。接着剤が剥がしにくい場合は、プレートに撥水テープ(フッ素加工がされたテープ)を貼っておくと、簡単に剥がせるようになる

 

Step13

flyfisher photo

もし接着が甘いところがあったら、接着剤を少し塗るとよい

 

Step14

flyfisher photo

シャフトをつまんでプレートから剥がす。テイル後端にはみ出たシャフトは、ここでカットしておく

 

Step15

flyfisher photo

底が突起状になっているペットボトルを用意して、ヘッド部分を切り出す。炭酸水のペットボトルは突起状になっていることが多い

 

Step16

flyfisher photo

底から4~5cmくらいのところでカットし、次に突起状になっている部分を切り出す

 

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとAmazonへジャンプします。

Fly Fisher(フライフィッシャー) 2022年3月号 (2022-01-21)

【特集1】ツーハンド・キャスティングを分かりたい

【特集2】超巨大フライ列伝!

多くのフライフィッシャーが混乱している、Dループを使うツーハンドのキャスティングにフォーカスしました。
スペイキャスト、アンダーハンド・キャスト、スカジットキャスト、止水のスペイキャストと大きく4つに分け、自身もフライフィッシャー・インターナショナルのマスター・ツーハンドキャスティングインストラクターの資格を持つ東知憲さんが、それぞれの名手にインタビューします。それぞれのスタイルの出自、対象フィールドと魚をイメージできれば、違いが理解しやすくなりそうです。第2特集は、全長20cmほどの巨大ストリーマーを紹介します。軽いものを遠くになげるという、フライフィッシングの成り立ちとは真逆をいく、ビッグ&ヘビーなフライのタイイングと考え方を紹介します。そして今号は第3特集まであります。管理釣り場エキスパート4名に密着しました。彼らに共通するのは、すべてにおいて「緻密」であること。魚釣りとしての技を紹介します。


2023/10/20

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING