LOGIN
ささきつりぐ

女将、ときどきフィッシングガイド

奄美諸島南部にある「海人スタイル奄美」は夫婦で切り盛りする、2部屋のアットホームな雰囲気と料理が自慢の宿だ。フライフィッシャーでもある女将さんは、フィッシングガイドもはじめた

編集部=写真と文

奄美でフライフィッシングをして20年

──奄美でのフラットの釣りはどれくらいやられているのでしょうか?

諌山 実は私は、埼玉からこちらに移住してきているんです。フライはそのころからやっていたのですが、こっちへ来て、たまたまクロダイのサイトフィッシングをやっている人を見かけたんです。「こんな釣りがあるんだ」ってすごい衝撃を受けて。それがちょうど20 年前です。地元の釣りクラブ「カマジー」に入れてもらって、濃いメンバーの方々にたくさん教えていただきました。以前別冊の『SaltFlyFisher』や『Fly Fisher』でも取り上げられていた榊義弘さんとか、テイリングしているチヌを釣ってる姿が本当に格好よくて。

 

 

諌山さん登場の2008年発行の別冊『SaltFlyFisher』の1ページ。みんな若い!

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2023年3月号 Early Spring

【特集1】南の島のフラットフィッシング

【特集2】水生昆虫小宇宙2023(おもに)メイフライ編

ここ数年、急速に広がっている日本のフラットフィッシング。 南のフィールドが開拓され、これまでメジャーだったクロダイとトレバリーに加えて、さまざまな対象魚が注目されています。 フィッシングガイドの数が増加していることも、この釣りをさらに楽しみやすくしてくれています。 まだまだ試行錯誤が続きますが、今号では、現時点でのメソッドやフライパターンなども紹介します。 また、「水生昆虫小宇宙2023」として水生昆虫研究家/写真家の刈田敏三さんによる解禁当初に注目すべきメイフライを解説していただいています。刈田さんがこれまでずっと提言しているように、私たちが見るべきは「ハッチ」ではなく「ドリフター」です。これらの虫がどのような形態で流下してくるかのサンプル写真が並びます。 さらに、さりげな添えられた刈田さんのフライパターンは長年研究を重ねてきた年輪とすごみが感じられます。


2023/3/8

最新号 2024年9月号 Mid Summer

【特集】渓流ドライフライQ&A

Q.ドライフライのコツ、トップ3を教えてください。
Q.渓流に適したタックルを教えてください。
Q.釣れるフライ、釣れないフライというのはありますか。
Q.釣りの友だちって必要ですか。
Q.渇水と平水、フライパターンに変化はありますか。
Q.魚を見つけるコツはありますか。

など、今号では、基礎的なものから、渇水の釣り方、サイトフィッシングのコツなど、渓流のドライフライ・フィッシングについて、エキスパートに多数の質問をぶつけました。

「タイトループ」セクションはぶら下がりのパターンとして世界的に使われているクリンクハマー・スペシャルの生みの親、ハンス・ヴァン・クリンケンさんの寄稿とインタビュー。

そして、クロダイポッパーの釣りを10年以上前から大阪湾で実践しているパイオニア、筒井裕作さんが、最近注目が集まる、東京湾で初挑戦します。

今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。今号では、特別付録として来年のカレンダー「Beulah CALENDAR 2025」が付属します。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING