LOGIN
TACKLE SHOP DUSK

吉田俊彦さんのラインシステム

同じ対象魚をねらうのでも場所が違えばフライと釣り方が違います。おのずとラインシステムも変わります。ここでは吉田俊彦さんの渓流(ニンフ)のシステムをご紹介します

吉田俊彦=写真と文
Profile 吉田俊彦(よしだ・としひこ)

2004、2005年に世界フライフィッシング選手権に出場。そこで出会ったチェコニンフを取り入れた。埼玉県環境アドバイザー、NPO法人バーブレスフック普及協会代表理事。バリバス フィールドテスター

 

 

チェコニンフ・システムをベースとし、数よりも大ものを1尾釣ることが目的

flyfisher photo

ライズがほとんど期待できない時に水底に潜んでいる大型魚が対象。主に雨風の強い荒天時や先行者のあと、またはドピーカンの真昼など難しい状況の時に使用している。渓流から本流まで川幅は問わず、木の被る上流部ではリーダーを短くして対応している。ねらう深さは水面直下~約2.5m、投げる距離は7~22m前後だ。

2~3個の複数のフライを使用し、ねらう水深により重いフライや水流の抵抗を考慮してフライを組み合わせるのが特徴だが、個人的に数釣りはまったく目指していない。そのかわり多くの人がこれは無理だと思うような状況でも、1尾は釣れることを目標にしている。また規則でドロッパーが禁止されている釣り場では、リードフライをパロマーノットで結び先端に重めのショットを使用し、いわゆるダウンショットリグにして川底をゆっくりと探っている。

 

 

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

 

※以下の本誌からもご覧いただけます

書影をクリックするとアマゾンのサイトへジャンプします。

FlyFisher2021年Mid Summer

【特集】名手たちのリーダー&ラインシステム図鑑 渓流、本流、湖、ソルト、温水。47人の工夫とこだわり。

この釣りではとかくフライパターンに注目が集まりがちですが、フライを魚に届けるためのリーダー、ラインシステムも非常に大切な要素です。同じ対象魚をねらうのでも、フィールドが違えばフライと釣り方が違います。そしておのずとラインシステムも変わります。特に対象魚のバリエーションが広がり続ける中、名手たちの現時点でのシステムを整理してみました。ほか、朱鞠内湖のイトウの魅力、そして’マッドサイエンティスト’、ゲーリー・ラフォンテーンの名著『The Dry Fly』の第1章を掲載しています。


2023/4/17

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING