LOGIN

大ヤマメねらいのタイイング

長いハックルを持つパラシュートを巻く

渋谷直人=出演

※この動画は、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


「大きい魚は大きいフライが好き!」ということで、今やヤマメねらいの定番ともなったクモ(スパイダー)パターンと、クロムシフライのタイイングを解説。両者とも長いハックルを持つフライですが、投げやすいように独自の工夫が施されています。

「スパイダーパラシュート」は、ランダムさを活かした長いハックルの取り付け方がキモ。さらに水面に浮かんだ時に、水を含んだボディーがアンカー効果をもたらしてくれるバランスについても解説します。

「クロムシフライ」は、尺ヤマメが襲い掛かりたくなるようなボリュームを持たせたテレストリアル・パラシュート。大ものキラーとして、ボリュームを持たせたボディー、ハックル、そして特徴的なウイングの留め方を見ていきます。

出演:渋谷直人
収録時間:17分39秒

(FlyFisher2016年6月号より)
※映像内の情報は、収録当時のものです。







2017/1/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2020年3月号 Early Spring

特集
LOCAL FLIES
北海道から沖縄まで、46名の271本。

第2特集
ウエット&ストリーマー、4人のエキスパートによる水中考察

今年活躍するであろう、フライパターンを46名の方々に紹介していただきました。マッチング・ザ・ハッチ用、海のストリーマーや甲殻類、ウエットフライに本流用ストリーマーまで日本の各釣り場に対応したフライが並びます。
このほか、第2特集として、本流のウエットフライとストリーマーの流し方を、概念図を使って解説しています。名手4人全員に同じポイント図を渡し、ラインシステム、立ち位置、キャストの方向、スイングするラインの形など、それぞれのイメージを描き込んでいただきました。各自の共通点、相違点を比較しながら、釣りに役立ててください。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING