LOGIN

メバルフライ・タイプⅠ

流れのあるところで使用

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

メバルフライ・タイプⅠ

タイヤー名

西村忠国(にしむら ただくに)

パターンカテゴリー

クラブ、シュリンプ、その他

使用場所

海(サーフ、漁港など)

対象魚

メバル

マテリアル

●フック……がまかつL10-3H #10~12、がまかつJIG29 #4~6
●スレッド……モノスレッドS
●アイ……チェーンアイを黒くペイント
●ボディー……メルティ―ヤーン・レッド
●ウイング……下/マラブー・レッド&パープル、上/バケ皮・レッド

使い方

海水の流れを川に見立てて、渓流のアウトリガー風の釣りで使用する

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/7/18

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING