LOGIN
海人スタイル奄美

メイフライ・ハックルティップ

低光量時のメイフライパターン

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

メイフライ・ハックルティップ

タイヤー名

富田晃弘(とみた あきひろ)

パターンカテゴリー

ドライフライ

使用場所

渓流

対象魚

トラウト全般

マテリアル

●フック……TMC112TR
●スレッド……8/0イエローなど
●テイル……ハックルファイバー
●リブ……コパーワイヤ
●アブドメン……スレッド
●ウイング……ハックルティップ
●ソラックス……ダビング材・ライトケイヒルなど

使い方

ライズ用のメイフライバターン。ウイングはスペント状に広げており、水面に張り付かせるようにする。ハックルを用いる場合は、比較的光量の少ない時が多い

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/12/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING