LOGIN
ささきつりぐ

クラブパターン

サイトで使うカニパターン

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

クラブパターン

タイヤー名

岡本慶一郎(おかもと けいいちろう)

パターンカテゴリー

クラブ、シュリンプ、その他

使用場所

海(サーフ、漁港など)

対象魚

クロダイ

マテリアル

●フック……環付きチヌ5~6号 or フライフック#6~8
●ウエイト……ダンベルアイ(ボディー材の間に挟む)
●アンテナ……クラフトファー、クリスタルフラッシュなど
●アイ……30lbテストリーダー(Rioハードモノ ソルトウォーターリーダー)
●レッグ……ラバーレッグ各種
●ボディー……クラブフライ用ボディー材(エンリコ社、ワプシ社のクラブボデイーなど)フェルトやベルクロなどを親指のツメくらいのサイズにカットしてもOK
※ボディーはフライの強度を高めるため、クリア系の接着剤でコーティング

使い方

運河や工業地帯の石積みなどシャローで使う。基本的にはサイトフィッシングで、カニがボトムを歩くようにずるずると引っ張る

使う地方

東京湾

使用時期

5月,6月,7月,8月,9月,10月

2017/7/18

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING