LOGIN

クラブパターン

サイトで使うカニパターン

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

クラブパターン

タイヤー名

岡本慶一郎(おかもと けいいちろう)

パターンカテゴリー

クラブ、シュリンプ、その他

使用場所

海(サーフ、漁港など)

対象魚

クロダイ

マテリアル

●フック……環付きチヌ5~6号 or フライフック#6~8
●ウエイト……ダンベルアイ(ボディー材の間に挟む)
●アンテナ……クラフトファー、クリスタルフラッシュなど
●アイ……30lbテストリーダー(Rioハードモノ ソルトウォーターリーダー)
●レッグ……ラバーレッグ各種
●ボディー……クラブフライ用ボディー材(エンリコ社、ワプシ社のクラブボデイーなど)フェルトやベルクロなどを親指のツメくらいのサイズにカットしてもOK
※ボディーはフライの強度を高めるため、クリア系の接着剤でコーティング

使い方

運河や工業地帯の石積みなどシャローで使う。基本的にはサイトフィッシングで、カニがボトムを歩くようにずるずると引っ張る

使う地方

東京湾

使用時期

5月,6月,7月,8月,9月,10月

2017/7/18

最新号 2018年6月号 Spring

日ごとに緑が濃くなっていく春。本格的に活動を始めるのは、魚だけではありません。
ぽかぽか陽気とライズに誘われて、私たちも釣り旅をしたくなる季節になりました。
今号では、大人のための釣り旅プランを紹介。京都の穴場渓流を釣り、台湾では夜市巡りの後でマハシールをねらう。
さらに石川では、日本酒と魚に酔う旅を……。+αの楽しみがあるプランを、いくつか紹介します。
そして盛期に入る今、やっぱり手にしたいのは大型魚。東北の尺ヤマメ、
中禅寺湖のドライゲーム、そして北海道・朱鞠内湖のイトウ釣行記を、たっぷりの写真で掲載しています。
ほかにもオレゴン在住のフライフィッシャーからのレポート第2弾、
刈田敏三さんが記録した4~6月の水生昆虫データなど、今号も盛りだくさんの内容でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING