LOGIN
Bibury Court

ハックルティップ・ウイング

釣り上がりのオールマイティーパターン

FlyFisher編集部=写真と文

パターン名

ハックルティップ・ウイング

タイヤー名

加藤力(かとう つとむ)

パターンカテゴリー

ドライフライ

使用場所

渓流

対象魚

トラウト全般

マテリアル

●フック……TMC212TR #11
●スレッド……16/0ブラック
●ポスト……エアロドライウィング・FLオレンジ
●ウイング……コックネック・プラック(大型ウエット用のコックネックのティップ)
●アブドメン……ストリップド・グースバイオット・ブラック
●ハックル……コックネック・ブラック(大型ウエット用に使うフェザー)
●ソラックス……スパークル・シールズファ一・ブラック

使い方

特に秋などの季節、ハッチしている虫が特定できない時に使用するパターン。釣り上がりで使用することが多く、ハックルは薄く巻き、表面張力で浮かせるようなイメージ。流下時ウイングは水面に付いても上に出てもよい

使う地方

全国

使用時期

4月,5月,6月,7月,8月,9月

2017/12/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING