フラッシュバックミノー

イトウねらいの小魚パターン

FlyFisher編集部=写真と文
フラッシュバックミノー

パターン名

フラッシュバックミノー

タイヤー名

白川元(しらかわ げん)

パターンカテゴリー

湖のストリーマー

使用場所


対象魚

トラウト全般
イトウ

マテリアル

●フック……がまかつB10S #1/0
●テイル……エンリコファイバーWH
●ボディー……マイラーチューブ・ゴールド
●ウイング……ウール・タン、カシミアゴートGDOL、フロロライバーBK、フラッシャブー
●アイ……エポキシ3Dアイ

使い方


全長11cmの、主にイトウ用のパターンとして使うことが多い。ライターであぶってフックを曲げて、ベンド付近にウエイトを巻いてキール仕様に。杉坂隆久さんが朱鞠内湖で開発したフライ

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/7/18

最新号 2017年12月号 Fall

特集は「川を読む」。秋田県の役内川を例に、まさに「ここに尺ヤマメがいた」というポイントをピックアップ。流れのようす、底石の入り方、水面の波立ちぐあいなどなど、良型が付く場所の特徴を解説します。 また伝説的ともいうべきリールの名品「ボンホフ」と、その製法を忠実に踏襲しようと試みた男の物語を収録。道具に対する釣り人の情熱と愛を感じる内容です。 そのほか、イワナが浮いてフライをくわえる瞬間までばっちり見えるような源流釣行、北海道のアメマス事情、またキューバやオーストラリアのソルトゲームなども掲載。渓流オフシーズンの今だからこそ、じっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING