LOGIN

ノ―ネーム

水がクリアな時に結ぶ

FlyFisher編集部=写真と文
ノ―ネーム

パターン名

ノ―ネーム

タイヤー名

安田龍司(やすだ りゅうじ)

パターンカテゴリー

本流のストリーマー

使用場所

本流

対象魚

トラウト全般
イトウ

マテリアル

●チューブ……プラスチックチューブ30mm
●フック……海釣り用を流用
●スレッド……8/0オリーブダン
●ウエイト……8mmにカットした0.025サイズ3本を瞬間接着剤でチューブに留める
●ボディー……フラッシャブーパールを、前→後→前と1往復。その後メルティヤーン・ホワイトをボディー下部にマツーカ状に留める
●サイド……ゴールデンフェザント・ボディーフェザー
●ウイング……カシミアゴート・FLホワイト、チャートリュース、オリーブ
●トッピング……ピーコックハール
●アイ……ジャングルコック

使い方

おもに水がクリアな時、フライの速い動きや激しいアクションに対して魚の反応がよくない時に、あまりリトリーブせずにゆっくりとスイングさせる

使う地方

全国

使用時期

オールシーズン

2017/7/18

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING