LOGIN

代官山で本とFFを感じる

フェア「釣行・釣考」

FlyFisher編集部=写真と文
代官山T-SITEにて、「釣行・釣考」と題した本と釣り具の展示が8月15日まで展開。関連書籍だけでなく、アウトドアの本やバックパック、洋書などが並ぶ、刺激に満ちた空間です。
<イベント紹介ページはこちら>


開催概要
●日時 2018年7月1日(日)~8月15日(水)
●時間 午前7時~深夜2時(営業時間)
●場所 蔦屋書店1号館 1階 ブックフロア
●問い合わせ 代官山 蔦屋書店 ☎03-3770-2525 real.tsite.jp/daikanyama/

2011年に東京・代官山にオープンした「代官山T-SITE」。蔦屋書店を中心に本、映画、音楽をとおしてライフスタイルを提案することを基本コンセプトにして、さまざまな店舗が繋がる施設です。




東急東横線、代官山駅の改札をくぐると、

おしゃれな風景が広がります。


フライフィッシング好きのおじさんは気後れしてしまうくらいです。

数分歩くと、蔦屋書店です。これは2号館。会場の1号館はこのすぐ裏です。

店舗に入ると、まずはコンセプトのステートメントが目に入ります。

タックルや防水バッグなどが展示されています。

この展示の中心人物、代官山蔦屋書店1号館コンシェルジュ、吉見侑悦(よしみ・ゆきのぶ)さん。「展示内容は、期間中にも変化させていく予定です」。吉見さん、こういうこともやっています。→UNKOWN BOOKS







雑誌、書籍、DVDだけでなく、さまざまな品が並びます。




と、おしゃれなフライショップという趣です。しかし、ここは蔦屋書店。店内へちょっと足を運ぶと、こんな個性的な本が並んでいました。




恐竜や人体の本と同じ区画に陳列されています。『BIRDMANIA』、気になりませんか?



結局、展示されていたジェームス・プロセックのイラスト集を購入。実物を初めて見ました。こういう本が立ち読みできるのはやはりリアル書店ですね(ラッピングを剥がす時に表紙カバーを破ってしまった……)。

8月15日まで開催中です!

アクセス

<イベント紹介ページはこちら>

2018/7/2

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING