LOGIN

長野県/犀川解禁レポート2018

今年は雪が多く期待大です。

杉浦雄三=文
2018年2月16日。犀川上流部解禁日に釣れた1尾。瀬の中でストリーマーがひったくられた

例年、解禁してから4月までの間に30日ほど釣行するという杉浦雄三さんに
犀川上流部の2018年の状況と見通しを教えていただきました。

今年は雪が多く、4月のメインシーズンまで水位が高ければ期待大です!


すぎうら・ゆうぞう 愛知県高浜市でフライフィッシングのトータルサポートを行なう「TEAL」を運営。クロダイをねらう海のサイトフィッシングも得意だが、犀川、高原川など中部地方の本流釣りにも詳しい。ここ数年はカナダに足を運び、スティールヘッドをねらって腕を磨いている

2018年の犀川は?


2018年も解禁を迎えた長野県犀川上流域ですが、今年はとても寒くそして水位が低く厳しいスタートを切った方もいたと思います。それでも60cmアップのブラウントラウトやレインボートラウトを手にした方もいます。

2018年2月26日時点では雨が無く水位が低い状態で、水温はだいたい朝4℃で日中8℃と安定しています。ハッチも解禁当初からかなり見られました。

これから3月に向けて、雨が降るようになってくればトラウトたちもエサを求めて大きく動き始めます。

雪が多い年は期待大


今年は雪がとても多く、犀川に流れ込む支流河川の上流部の山々にはたくさんの雪が残っています。雪代が入らない年もありますが、今年は期待できます。雪が多い時期はその分長くよい状況が楽しめるということになります。

3月になれば、雨が降るとすぐ雪代が入ってきます。ただ、犀川の場合雪代といっても水温が大きく下がるわけではなく、8〜10℃でほとんど安定しています。

今後の雨次第ではありますが、雪代がゴールデンウイークすぎまで続くと思われます。例年であれば、4月の中旬で水温が12℃前後、ヒゲナガのハッチが期待できます。このタイミングまで高水位が維持されれば、大いに楽しめるはずです。

水位の上下で大きく使うフライも変わってきます。増水時はストリーマー、ツイストピーコックなど底を取れるフライやラインシステムですが、水温・水位が安定した時は大型のメイフライパターンや小型のセッジパターンで中層から表層をねらうシステムと、1日を通じてラインシステムとフライパターンをこまめに変更してねらうことが重要です。

2018年2月19、20日の模様!


2月19日の段階では、例年より水位は低く透明度も高い。


朝の基本はマイナス8℃ほど。

犀川上流部といえば、南アルプスの山々。ジョギングとかしたくなりますね。

万水(よろずい)川、高瀬川、穂高川が交わるポイント、三川合流。

解禁当初は昼前後がよいので、昼食をのんびり食べている時間はありません。立ち食いです。

解禁当初あるある。思ったより浅い、人が多い……、など、ダメだと感じたらそのポイントはすぐに見切って移動します。

カジカ漁のおじいさんと情報交換。今年はカジカが豊漁らしい。ということは?

明科駅。

この時期、ドピーカンだと正直釣りは難しいのです。

犀川は白鳥飛来地としても有名。ほかの水鳥もたくさん見られるが、マテリアルにしか見えません……

三川合流へ移動。

晴れた時はストリーマーよりもウエットのほうが実績が高いようです。

ウの影響なのか、今年は瀬の中からのアタックが多い気がします。

去年の大雨で流れてきたと思われる流木。犀川は毎年ポイントの形状が変わるのが魅力ともいえます。

水深1mほどで、この透明度。

ねらいは瀬が当たるバンク際。いかにも魚がついていそう。

木戸橋下流。ここは数年前にできたポイント。

この時期に夕方粘ってもよいことはないので、さっさと宿に戻ります。

言うほど釣れません。

甘くないです。

田沢橋の周辺も以前とはまったく流れが変わりました。

今のところ解禁してから4日釣りをして、釣果は4尾。アタリはまあまああるのですが。

民宿ごほーでん」、ほぼマイホームです。去年は30日以上宿泊しました。

2月17日に釣った銀ピカニジマス。

祝解禁!

今年もよい釣りを!

2018/3/1

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING