LOGIN

”ONLINE”で、より密に繋がる。

有料メンバー募集中!

FlyFisher編集部=写真と文

※本商品はデジタルコンテンツ利用サービスですので注文手続上表示される以下の項目(お届け日、お届けサイクル、お届け先)につきましては閲覧の必要はございません。

1988年に創刊した、雑誌『FlyFisher』。当時まだまだ不足気味だったフライフィッシングの情報を国内外より広く集めて、読者の皆様に発信してきました。 そして30年の節目を迎えた2018年、『FlyFisher ONLINE』が始動しました。

季刊の誌面では伝えきれない旬のオリジナルコンテンツの配信を軸に、キャスティングやタイイングなどの実用的なノウハウや、ショップ、メーカーの情報を詰め込んだページも掲載。このほか、フィールド・魚種別検索機能付きのフライパターン&レシピ集、エキスパートたちの連載記事など、どんどん拡充させていく予定です。

メンバー登録で“特別”な情報を。
2018年1月より、『FlyFisher ONLINE』では、インターネットの特性を活かしたよりインタラクティブなサービスのご提供を目指し、会員を募集します。月額700円+税で、動画のほかにも、各フィールドのポイント情報やONLINEキャスティングスクール、イベント案内などのサービスをスタートさせていきます。
まずは過去約10年間DVD付録として製作した動画コンテンツ集「FlyFisher in Action」のリマスター版のほか、新たに制作された動画を見ることができます。今後も会員特典をどんどん拡充予定ですので、この機会にぜひご登録を!
『FlyFisher ONLINE』のメンバー登録は(株)つり人社が運営する通販サイト『釣り人道具店』より行なえます。

フライパターン集では、渓流のドライフライから海で使う大型ストリーマーまで、使用場所、季節、対象魚などの条件で検索が可能。あわせて使いどころや詳しいレシピも掲載しているので、「この時期、あの川へ行くのだけれど、何を巻いていこう……」といった時に参考になるはずです。



会員特典として、まずはここでしか見れないフライフィッシングの動画もリリース。渓流、本流、海の釣りの模様はもちろん、タイイング、キャスティングなどのノウハウ動画も豊富に揃えていきます。

フライフィッシングをもっと楽しむため、さらにはフライフィッシングのある人生をより豊かにするため、「フライフィッシャーの皆様に喜んでもらえること」を、デジタル技術を使ってこれからも追い求めていきます。

動画集では、過去約10年間DVD付録として製作した動画コンテンツ集「FlyFisher in Action」のリマスター版も掲載。DVDよりも高画質でご覧いただけます。もちろん新作動画もどんどん拡充予定。旬の釣りから気になるテクニックまで幅広いFF動画をお届けします。


2017/1/1

つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…
つり人社の刊行物
初歩からのフライタイイング
初歩からのフライタイイング 2,750円(税込) A4変型判148ページ
本書は、これからフライタイイングを始めようとする人に向けた入門書です。 解説と実演は、初心者の方へのレクチャー経験が豊富な、東京のフライショップ「ハーミット」店主の稲見一郎さんにお願いしました。 掲載したフライパターンは、タイイングの基礎が…

最新号 2021年12月号 Mid Autumn

【特集1】水中を釣る、15の視点
【特集2】シンキングラインカタログ

今号は「水中の釣り」の特集です。ウエットフライ、ニンフ、湖のストリーマーと14人の考え方と釣り方、そしてシンキングラインのカタログを掲載しています。
現在、単純に「ウエットフライの釣り」と使うフライの種類で釣り方をカテゴライズすることができなくなってきました。そこで、名手たちに実際に行っている釣り方とそれぞれの考え方をお聞きしたところ、「スイングの釣り」に対して「縦の釣り」と大きく2つに分けたほうがイメージしやすいことが見えてきました。さらには「縦の釣り」も「送り込みの釣り」「ナチュラルの釣り」「トレースの釣り」など微妙に違うメソッドが確立されているようです。
ニンフはルースニングとヨーロピアンニンフィングの考え方、そしてルースニングとアウトリガーのハイブリッドとも呼べるような「ヤッチーニンフ」、湖では、底ベタを釣るレイクトラウトフィッシングを取り上げました。
また、前号で反響が大きかっったゲーリー・ラフォンテーンの「The Dry Fly」についての各エキスパートの感想記事にもページを割いています。


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING