LOGIN

フィールドガイド【新潟県/日本海】

青ものの回遊をねらった接近戦も

稲田秀彦=解説

渚を走り回りながらイナダのナブラを追いかけ、湧き立つ海面にフライをキャストする。タイミングさえ合えば短時間で数種類の青ものがねらえる釣りは、例年10月から翌年の1月頃まで楽しめる。
◆『FlyFisher』2015年2月号より

《Profile》
稲田 秀彦(いなだ・ひでひこ)
長野県安曇野市在住。解禁期間中は本流から山岳渓流まで幅広くトラウトの釣りを楽しむが、10月以降は日本海のソルトウオーター・フィッシングにも毎年足を運んでいる。

渚のナブラを追え!

新潟から富山にかけての日本海サーフでは、おもにソウダガツオ、イナダ、サワラなどの青ものをねらったフライフィッシングが楽しめる。

これらの魚は、たいていは群れて移動しており、特に冬の日本海では数も多くフライでもねらいやすいターゲット。サーフから釣れる魚のサイズは40~50cmがアベレージ。このほかにもシーバスやカマス、アジなどの姿を見ることもできる。

青ものをねらった釣りが楽しめるのは、例年9月後半から翌年1月頃までの冬の時期と、ゴールデンウイーク前後のサケ稚魚がベイトとなる春の時期の2シーズン。ここでは、冬のシーズンについて紹介をしたい。

10月頃からのベイトフィッシュとなるカタクチイワシやシラウオは、海水温度が下がるにつれ接岸し、岸際を回遊しはじめる。その群れを追って青ものたちも、驚くほどするほど岸近くまでやってくる。

そんな時は、ベイトボールといわれる小魚の群れが逃げ惑い、文字どおり水面が沸くようなボイルがいたるところで見られる。
魚たちが追い掛けて、渚まで打ち上がってしまったシラウオ。渚を注意深く観察していれば、ベイトの傾向がつかめることも

沖のほうから始まったボイルは、逃げるベイトを追いかけまわしながら、徐々に目の前に迫ってくる。右に左にと渚を走って追いかけながら、キャスティングレンジに入ったタイミングを見計らって、すかさずフライを投げ入れる。

着水と同時にリトリーブを開始。ナブラの通過とフライが通るタイミングをいかに合わせられるかが、ヒットに結び付ける重要な要素であり、またこの釣りの醍醐味でもある。
よいタイミングに当たれば、こんな魚が連続ヒットすることも珍しくない。もちろんその引きは青ものならでは。まずは朝マヅメ時をねらってみたい

とはいえ、ソルトウオーターの釣りでは常に目の前に魚がいるとは限らない。特に青ものは広大な海を回遊する魚ゆえに、タイミングが合っていなければ、まったく姿が見られない。

その日の潮回り、時間帯、ベイトになる小魚の有無……などの要素が揃わないとよい釣りをすることはできないが、そういったリスクがまた釣れた時の喜びを大きくしてくれるのだと思う。

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2018/10/12

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING