LOGIN
海人スタイル奄美

Local Flies42:熊本県の渓流、本流用フライ

島巻弘充さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
島巻弘充(しままき・ひろみつ)

熊本県在住。フライ歴30年以上、ホームフィールドは熊本県五木村の川辺川。本流で大ヤマメをねらう釣りを特に好む

スペント

 
 

このスペントフライは、ライズをねらう春の釣りで一番結んでしまう。オオクマ、オオマダラ、から各種メイフライに対応する。ウイングをダウン気味に微調整すれば、シマトビケラにも対応できる。最近はCDCのウイングにパートリッジのフロントハックルを巻いたものを好んで使っている(ハックルが均一でない点も、昆虫っぽさを増していると思う)

 
 

・フック……TMC102Y #11~15

・スレッド……10/0・ダークブラウン

・テイル……ブラウンマラード

・リブ……ビニヤードギント

・アブドメン……ヤマドリクイル

・ソラックス……アイスダブ・ピーコック

・ウイング……CDC

・ハックル……パートリッジ

 
 
 

ピーコックウエット

 
 

流れに沈めるウエットでも、やっぱりピーコックマテリアルを使ったフライは、その効果に感心させられる。強い流れでも、軟らかい流れでも安定した姿勢を保ってくれることを意識している。テイルとハックルに使っているピーコックマラブーは、本当にウエット向きのマテリアルだと思う

 
 

・フック……TMC7999 #8

・スレッド……10/0・ブラック

・テイル……ピーコックマラブー

・アブドメン……フラッシャブー・ピーコック

・ソラックス……ラビットファー・ピーコック

・アンダーハックル……ピーコックソード

・オーバーハックル……ピーコックマラブー

・ヘッド……ブラックラビットファー+ズィーロン

 
 
 

カワゲラ

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/11/1

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING