LOGIN
フライフィッシングショップ ビギナーズ・マム

Local Flies32:信州の渓流、本流用ウエットフライ

稲田秀彦さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
稲田秀彦(いなだ・ひでひこ)

長野県在住。信州の川を中心に、本流から源流まで幅広いフィールドで釣りを楽しむ。ホームグランドは犀川水系および高原川水系。今回はウエットフライを中心に選んでもらったが、ドライフライ、ニンフも得意

ブラックホープ

 
 

犀川や犀川殖産などでの解禁当初や、初冬の渇水時でのハイプレッシャーの際に、黒くて小さなフォルムとピーコックの自然な輝きとゆらめきで、魚に警戒させずに興味を引きつける1本。水流を受けると細身になるが、ウイングにダイドブラックのネックフェザーを2枚重ねてボリュームを出しているので、増水後の少し濁りが残る時にも存在感が出せる

 
 

・フック……バリバス2400V #8

・スレッド……8/0・ブラック

・テイル……ピーコックブルーネック

・タグ……ミラージュティンセル

・ボディー……ピーコックハール(レッド)

・ウイング……コックフェザントネックフェザー・ブラック(2
枚重ね)

・ハックル……パートリッジ

 
 
 

シルバー・マーチブラウン

 
 

マーチブラン系のウエットフライは種類も豊富で、さまざまなバリエーションがあり歴史の古いパターン。シルバーティンセルを使うことで小魚のイミテーションから、ダイビングカディスやカゲロウのイマージャーとしても有効。とにかく困った時の1本として、シーズンを通じて使えるパターンだ

 
 

・フック……マスタッド3399 #8~12

・スレッド……8/0・ブラック

・テイル……パートリッジ・ハックルファイバー

・リブ……シルバーラウンドティンセル

・ボディー……シルバーフラットティンセル

・ウイング……ヘンフェザント・クイル

・ハックル……パートリッジ

 
 
 

ブラウンカディス

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。


2022/9/22

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING