LOGIN
ささきつりぐ

Local Flies15:本流と中禅寺湖用のフライ

柿沼健二さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
柿沼健二(かきぬま・けんじ)
栃木県在住。本流と中禅寺湖に通うエキスパート。今回はそれぞれ3本ずつ提供していただいた。スペイキャスティング競技にも熱心で、入賞経験も豊富。キャプチュードロッドの開発テスターでもある
 
 
 

ソフトハックル

 
class=  

中禅寺湖の解禁当初から必需品と呼べるパターン。さまざまな魚種に効くが、特にホンマスの実績は突出していると思う。フローティング~タイプ1くらいのフライラインを使った表層スローリトリーブで使用している。フックサイズが小さくなるので、6番前後のライタックルに5~6Xのティペットで使うことが多い

 
 

・フック……TMC3769SP-BL  #12~16

・スレッド……ヴィーヴァスG02/50D

・テイル……パートリッジ

・アブドメン……シルクフロス・ブラック

・リブ……ゴールド・オーバルティンセル

・ソラックス……ピーコックハール

・ハックル……パートリッジ

・ヘッド……レッドバーニッシュ

 
 
 

ブラックフェアリー・アトラクター

 
class=  

迷った時に必ず結ぶ、私が絶対的信頼をおいているパターン。本流の釣りでよくある雪代やダムの放水で濁った時に、やはり黒いシルエットに対して反応がよいようで、よく使っいる。表記したアルミチューブのサイズは、サクラマスで使う場合。雪代イワナをねらう時は小さくしている。フックの隙間はUVノットシーラーで埋め、着色している

 
 

・チューブ……アルミ 1-1/2in

・スレッド……ヴィーヴァスG02/50D

・フック……がまかつトレブルSP.M  #7

・ボディー……フラットダイヤモンドブレイド・ゴールド、クラフトファーブラッシュ・ブラック/パープル

・スロート……ブラックヘロン

・ハックル……ギニアフォウル・ブルーダイド

・ウイング……クリスタルフラッシュ・ブラック、アイスランディックシープ・ブラック、ピーコックアイ、アムハースト・ブルーダイド

・ヘッド……レッドバーニッシュ

 
 
 

チャートグリーンアクアマリン

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2022/7/26

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING