LOGIN
海人スタイル奄美

Local Flies05 :尻別川のヤマメ、ニジマス用フライ

吉田一哉さんの6本

岡村享則、長谷川靖哲= 写真
吉田一哉(よしだ・かずや)
北海道在住。6~8月の3カ月間は尻別川のヤマメ、その他の時期は、道東や道北の渓流でニジマスをねらっている。さまざま要素を取り入れたフライをタイイングするのが得意。


マーチブラウンイングリッシュ



 困ったときの1本で、何度もうれしいサイズのヤマメをキャッチしてきた実績パターン。比較的フラットな流れで使うことが多く、パウダー系のフロータントで処理すれば、かなり視認性が向上する。伝統的なフライだが、現在まで受け継がれてきているのは、釣れる要素が凝縮されているからに違いない。


・フック……がまかつS10 #14
・スレッド……ヴィーヴァス 30D
・テイル……コックハックル・ブラウン
・ボディー……ヘアズイヤー+ヘアズボディーファーのブレンド・ナチュラルカラー
・リブ……シルクフロス・イエロー
・ハックル……コックネック・ブラウン、パートリッジ


ストーンフライ



 尻別川では5~8月頃まで何種類かのカワゲラがハッチしていて、魚たちは偏食することが少なくない。ライズがあるのに捕食対象がわからない……。そういう場合、多くは水面に張り付くように流れるカワゲラがカギになっている。このフライはボディーにあえて重みを持たせて、CDCウイングで弱々しく張り付くように浮かせて使う。


・フック……ダイイチ1270 #14
・スレッド……ヴィーヴァス50D
・ボディー ……シルクフロス・イエローの上から100均の髪留めゴムを巻く
・アンダーウイング……マシュマロファイバー
・オーバーウイング……CDCをパラダイスウイング(ファイバーをストークの根本に向かって留める方法)で留める
・ハックル……ゴールデンバジャー


※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。





2022/5/18

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING