LOGIN

『渓流Dry Fly Session』6/25発売!

鈴木寿×渋谷直人 東北と中部の渓を巡る

FlyFisher編集部=写真と文

新緑美しい東北の渓流と、解禁当初から大量の虫がハッチする人気河川で、2人のエキスパートの釣りのスタイルを比較。ポイントへのアプローチやフライ選択の違いをレポートします。

DATA
●収録フィールド:岩手県/和賀川水系、岐阜県/蒲田川
●収録時間:85分
●価格:本体3,800円+税


『渓流Dry Fly Session』
購入・お問い合わせはこちら


2人のエキスパートが、それぞれの得意河川に初釣行

雪代も落ち着いた7月、鈴木寿さん(フライショップ「ワチェット」)が、ロングティペット・リーダーの名手・渋谷直人さんのホームグラウンドでもある岩手県の渓流へ訪れました。

東北地方ならではの、森の中を流れるフラットな渓流で、ヤマメ、イワナをサイトでねらう2人の釣りをレポート。鈴木さんが普段通う中部地方の、瀬や落ち込みの多い流れとはまた違ったフィールドをどのように釣るのかについても解説します。

そして翌年3月、今度は渋谷さんが、鈴木さんが得意とする岐阜県の蒲田川へ釣行。蒲田川は温泉地ならではの高い地熱の影響で、3月からさまざまなメイフライがハッチする人気河川ですが、そこで展開されるお互いのポイントへのアプローチ方法や、フライ選択の違いをレポートします。

今回選んだ釣り場は、お互い初めてロッドを振るフィールド。それぞれ渓相の異なる渓流で、スタイルの異なる2人のエキスパートがどのような釣りを見せるのか必見です。





2018/6/22

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2020年3月号 Early Spring

特集
LOCAL FLIES
北海道から沖縄まで、46名の271本。

第2特集
ウエット&ストリーマー、4人のエキスパートによる水中考察

今年活躍するであろう、フライパターンを46名の方々に紹介していただきました。マッチング・ザ・ハッチ用、海のストリーマーや甲殻類、ウエットフライに本流用ストリーマーまで日本の各釣り場に対応したフライが並びます。
このほか、第2特集として、本流のウエットフライとストリーマーの流し方を、概念図を使って解説しています。名手4人全員に同じポイント図を渡し、ラインシステム、立ち位置、キャストの方向、スイングするラインの形など、それぞれのイメージを描き込んでいただきました。各自の共通点、相違点を比較しながら、釣りに役立ててください。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING