LOGIN
WILD LIFE

緑を浴びる

釣行日:2019年6月下旬/山形県

FlyFisher編集部=写真と文

6月。東北の渓流最盛期だ。暑くもなく寒くもなく、空気からは清々しさしか感じない。

 

前日の大雨はすっかりどこか行ってしまい、朝からすべてが輝いていた。木々が被っていたうっすらしたものを全部洗い流してくれたようだ。

 

こんな日は絶対、よい。この時期のこんな雨の次の日の睛天の日は、よい思いをした、と記憶が騒いでいる。

 

諸君、頑張って勉強したまえ。おじさんたちはこれから釣りに行く。

 

頑張ります!

 

※この続きは、月額700円+税で有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2023/1/11

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING