LOGIN
Little Bell

フィールドガイド【長野県/薄川】

信州の里川で良型と遊ぶ

北谷 明=解説

堰堤で区切られた里川小渓。上流部は変化のある渓流相。松本市街至近の渓で尺イワナ、尺ヤマメもねらえる。
◆『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
北谷 明(きたたに・あきら)
長野県松本市在住。渓流釣り歴は25年。犀川、梓沢川水系の釣り場に詳しく、マッチング・ザ・ハッチの釣りから山岳渓流の釣り上がりまで、信州の川を楽しんでいる。渓流釣りのモットーは「無理せず安全に!」

薄(すすき)川は美ヶ原を源に松本市街地を流れ、奈良井川の支流・田川に合流する全長約16.5kmの小渓流。下流部は堰堤で区切られた里川の風情。第一発電所より上流はメリハリのある渓流相を見せる。エサ釣りを楽しむ地元の人には上流部が人気エリアだが、ここでは第二発電所より下流の、入渓しやすい中流域をご紹介したい。

対象魚はイワナ、ヤマメに、釣り大会で放流されたニジマスも掛かってくる。イワナとヤマメは混生しており、魚影も多く、尺ものも充分にねらえる。漁協の放流は、稚魚や発眼卵が主で、成魚放流が少ないため、釣れる魚はいずれも美しい。


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載している梓川のフィールドガイドは、単行本『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/27

最新号 2024年6月号 Early Summer

【特集】拝見! ベストorバッグの中身

今号はエキスパートたちのベスト/バッグの中身を見させていただきました。みなさんそれぞれに工夫や思い入れが詰まっており、参考になるアイテムや収納法がきっといくつか見つかるはずです。

「タイトループ」セクションはアメリカン・フライタイイングの今をスコット・サンチェスさんに語っていただいております。ジグフックをドライに使う、小型化するフォームフライなど、最先端の情報を教えていただきました。

前号からお伝えしておりますが、今年度、小誌は創刊35周年を迎えております。読者の皆様とスポンサー企業様のおかげでここまで続けることができました。ありがとうございます!


Amazon 楽天ブックス ヨドバシ.com

 

NOW LOADING