LOGIN

フィールドガイド【長野県/薄川】

信州の里川で良型と遊ぶ

北谷 明=解説

堰堤で区切られた里川小渓。上流部は変化のある渓流相。松本市街至近の渓で尺イワナ、尺ヤマメもねらえる。
◆『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
北谷 明(きたたに・あきら)
長野県松本市在住。渓流釣り歴は25年。犀川、梓沢川水系の釣り場に詳しく、マッチング・ザ・ハッチの釣りから山岳渓流の釣り上がりまで、信州の川を楽しんでいる。渓流釣りのモットーは「無理せず安全に!」

薄(すすき)川は美ヶ原を源に松本市街地を流れ、奈良井川の支流・田川に合流する全長約16.5kmの小渓流。下流部は堰堤で区切られた里川の風情。第一発電所より上流はメリハリのある渓流相を見せる。エサ釣りを楽しむ地元の人には上流部が人気エリアだが、ここでは第二発電所より下流の、入渓しやすい中流域をご紹介したい。

対象魚はイワナ、ヤマメに、釣り大会で放流されたニジマスも掛かってくる。イワナとヤマメは混生しており、魚影も多く、尺ものも充分にねらえる。漁協の放流は、稚魚や発眼卵が主で、成魚放流が少ないため、釣れる魚はいずれも美しい。


※詳しいポイントマップは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載している梓川のフィールドガイドは、単行本『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『長野「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/27

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年6月号 Early Summer

特集
侃々諤々 フライキャスティング論

フライフィッシャーにとって、フライキャスティングは永遠の課題、といってよいでしょう。「シングルハンドのキャスティング」だけ取り上げても、そのスタイルと考え方の多様さに舌を巻きます。つまり、「いろんな人がいろんなことを言っている」という状態に、見えます。ですが、本当にそうでしょうか? 今号では、多くの名手にご登場いただき、それぞれのキャスティング論について、実演、もしくはインタビューとして紹介しています。私たちはただ、フライを思ったところに、思った形で、美しく飛ばしたいだけなんです。なのに、この議論に終わりはあるのでしょうか……。ああ、楽しい!
このほか、九州の釣り旅、スカジットラインの選び方、セイシェルのGTなど、幅広く取り上げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING