LOGIN

フィールドガイド【群馬県/塗川】

山岳エリアを流れる片品川の支流

小林和則=解説
山深いエリアを流れる渓流ながら、入退渓にそれほど苦労することはないのがうれしい

日本百名山の名峰・武尊(ほたか)山に源を発する流れが良型魚を育む、大石主体の山岳渓流的な流れ。それでも入退渓に苦労することなく、釣りやすく人気の高い関東北部の渓。
◆『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
小林 和則(こばやし・かずのり)
群馬県在住。渓流釣り歴は35年以上。記憶に残る魚との駆け引きを楽しみたい」がモットー。「NFS(ノジマフィッシングスクール)」常務理事を務める。

片品川本流からの遡上ヤマメも

群馬県北東部を流れる塗川は名峰・武尊山に源を発し、途中でいくつかの支流を合わせ、18㎞の流程を経て片品川へと注ぐ。水源となる武尊山は日本百名山の1つに数えられ、冬はスキー、春から秋は登山客で賑わう。

その年の積雪量にもよるが、例年5月の連休くらいまでは雪代が川幅いっぱいに流れ、入渓もままならない状況だ。そのため、雪代が収まる頃からが本格的なシーズンインとなる。
放流がしっかり行なわれているためヤマメの魚影も多い

稚魚、成魚とも放流量が多くなされているため、放流魚メインの釣果となる。特に成魚放流されて釣れ残ったヤマメ、イワナは、次の年には尺を超える大型に育ち、訪れる釣り人を魅了する。この川のリピーターが多いのもうなずける。

武尊山の雪解け水が主なため、水生昆虫の存在はやや少なめの印象。今回は、特におすすめとなるポイントを5ヵ所に区切って紹介してみたい。

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/8/31

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING