LOGIN

フィールドガイド【埼玉県/中津川】

C&Rエリアもある、奥秩父の人気渓流

黒沢絢也=解説

豊富な魚影を保つヤマメ河川。平瀬の続く広々とした釣り場は初心者も歩きやすい。
◆『秩父・奥多摩・丹沢「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
黒沢 絢也(くろさわ・じゅんや)
埼玉県在住。荒川水系をホームグラウンドに、渓流から本流、サケ釣りまでさまざまなフィールドで釣りを楽しむ。目標は荒川で50cmオーバーのヤマメを釣ること

中津川は車道と川までの距離が近く、入渓しやすいのが特徴。ゴルジュ帯なども少なく初心者でも歩きやすい渓である。

釣り人は多いがその分魚影も多く、エリアも広いので、先行者がいてもエリアを区切って充分楽しめるフィールドでもある。

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『秩父・奥多摩・丹沢「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『秩父・奥多摩・丹沢「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/21

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2019年3月号 Early Spring

解禁まで、あと少し。でもまだまだ寒さが厳しいこの時期。早く渓流で遊びたくて仕方がないフライフィッシャーにとっては、大切な準備期間です。今号では「名手の切り札パターン」を特集。手持ちのフライをあれこれ試しても、魚が見向きもしない……。そんな時、名手たちがティペットに結ぶフライは、何なのか? ボックスの隅にひっそりと入っている、いざという時のためのフライを集めてみました。
そのほか、前号に続いてペゾン・ロッドについて大ボリュームで掲載。解禁初期に知っておきたいミッジング&本流ウエットゲームの概論や、北海道の朱鞠内湖におけるイトウ釣りなど、今号もたくさんの記事を詰め込みました。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING