LOGIN

フィールドガイド【山形県/小樽川】

最上川水系上流部、里山の美渓

我妻徳雄=解説
小樽川の渓相。山形新幹線の鉄橋が掛かる「湯の沢温泉」より上流部は、しばらく開けた河原が続く

河畔林の生い茂る里山の風情が味わえる釣り場。川全体がポイントとなる梅雨以降がシーズンとなる。
◆『山形「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
我妻 徳雄(わがつま・とくお)
山形県在住。渓流釣り歴は40年近く。本流から源流までを幅広く釣り歩き、1つの釣りにこだわらずに渓流を楽しんでいる。「山岳渓流釣倶楽部 群遊会」会長を務める。

小樽川は吾妻山と飯豊山を結ぶ稜線北面の水を集め流れる川で、米沢市南部の舘山地区で大樽川と交わる(地形図では、中下流域を鬼面川と表記)。

小樽川沿いに国道121号が走っているが、河畔林と分厚い森にさえぎられ国道から河川を見ることは難しい。川に入ると気付くはずだが、河川工事も行なわれず、ほとんど手つかずのままである。
小樽川はヤマメ、イワナが混生しているが、どちらかというとイワナの釣果が目立つ

小樽川流域には自然石に「草木塔」あるいは「草木供養塔」と刻まれた珍しい石碑が存在する。「草木塔」の建立には諸説あるが、一般には、草木(樹木)に対して感謝と供養、自然に対する畏敬の念から建てられたと考えられている。

この地では自然を受け入れ、山や川、自然そのものと共生してきた。それだけに小樽川には必要以上の人工物が造られず、河畔林が生い茂り、のんびりとした里山の雰囲気を味わえる。何の変哲もない、普通のヤマメの川である。こうした当たり前の里山のヤマメ釣り場が、今の日本にいくつ残っているだろうか。

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『山形「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『山形「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/26

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING