LOGIN

フィールドガイド【群馬県/片品川】

利根川上流部の大支流で尺ヤマメを捜す

反町工健=解説

イワナ、ヤマメが混生する利根川最大の支流。岩盤、大岩織りなす風光明媚な流れで尺ヤマメをねらう。
◆『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』より

《Profile》
反町 工健
群馬県在住。渓流釣り歴は25年以上。本流域を得意とするが、盛夏は山岳渓流でサオを振る日々。「多摩川山女魚道」群馬支部所属

片品川は利根漁協が管理する利根川最大の支流として知られる。尾瀬の尾根を水源とし、ヤマメやイワナが上流から下流まで生息して我々を楽しませてくれる。

東洋のナイアガラと比喩される吹割の滝をはじめ、岩盤や大岩が織りなす風光明媚な流れが多いのも片品川の特徴。さらに栗原川、泙川、塗川と、それぞれ特色ある支流を有することも魅力のひとつだ。

そんな流れで育ったヤマメやイワナは、時折びっくりするような大ものも見られる。ここではそんな大ものの可能性を秘めた、吹割の滝よりも上流から戸倉までの主要個所を紹介したい。

イワナも混じるが、良型のヤマメが多いのが片品川中流部の特徴

※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

◆掲載しているフィールドガイドは、単行本『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』に掲載されています!
『栃木・群馬「いい川」渓流ヤマメ・イワナ釣り場』
購入・お問い合わせはこちら



2018/9/14

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING