LOGIN

冬季釣り場ガイド【埼玉県/荒川】

多様な釣り方で遊べる本流C&R

杉山健一=解説
皆野中学校裏の駐車場前プールより下流の流れ。幅の広い流れでは、対岸際が深くえぐれ、ライズも見られる

秩父を流れる荒川本流にオープンしている冬季釣り場。東京からも近い人気のフィールドを詳細マップとともにレポート。
◆『FlyFisher』2014年2月号より

《Profile》
杉山 健一(すぎやま・けんいち)
埼玉県秩父市在住。フライショップ「パレット」を営む。地元秩父の荒川水系の釣り場に詳しく、シーズン中は中禅寺湖へも足繁く通っている。ダブルハンド・ロッドを使った本流の釣りも得意。

荒川に設置されている冬季C&R区間は首都圏からも近いうえ、川までのアクセスもよく、オフシーズンになれば低番手からツーハンド・ロッドまで、さまざまなタックルを手にしたフライフィッシャーたちが訪れる。

本流の上流日野沢川合流点から下流秩父鉄道鉄橋までの約2㎞がC&Rエリアとなっており、区間内はすべて開けた流れで、のびのびとラインを出して釣ることができる。区間中ほどの大きなプールでは、スイッチロッド、もしくはライトツーハンド・ロッドを使った釣りにもぴったりだ。

プールの前には駐車場(皆野中学校裏)も整備されており、この場所を拠点にして、上下の流れを探ってみるとよいだろう。
荒川C&R区間の常連フライフィッシャーがルースニングでヒットさせた魚。ショットを取り付けて、ボトムに送りこむようにフライを流していた

10月のオープン当初は、秋の台風の影響を受けて魚が下ってしまうこともあるが、その後も継続的に放流が行なわれるので、区間全体に徐々に魚が散らばる。オープン期間は翌年2月末日までとなる。

荒川C&R区間は、安定した数の魚を、自分に合ったスタイルの釣りでねらえる釣り場。ビギナーでも存分に楽しめるほか、ベテランのフライフィッシャーでも、オフシーズン中さらに腕を上げるのにもってこいのフィールドだといえる。


※マップガイドは有料メンバー登録するとご覧いただけます。

2018/10/10

つり人社の刊行物
FlyFisher 30 Years
FlyFisher 30 Years 本体1,800円+税 AB判144P
AB判全カラー144P/創刊号の判形を再現! 表紙は、FlyFisher 創刊号(1988年)が目印! 過去へのバックキャストと、未来へのフォワードキャストでつなぐ 美しいループを皆様の元へ。 『FlyFisher』から30周年の感謝の気持…

最新号 2018年12月号 Fall

特集は「あの尺ヤマメを逃した理由」。
間違いなくドライフライをくわえたかに見えたのに、痛恨のすっぽ抜け……。誰もが一度はそんな経験をしているはずですが、その理由ははっきりしないことがほとんどです。今回はエキスパートたちが、これまで見聞きしてきたバラシの要因を考察。また、カメラがはっきりとらえたすっぽ抜けの瞬間を解析します。来シーズンに悔しい思いをしなくてすむために、じっくり読んでみてください。
そのほか、秋も楽しめる北海道の釣り場紹介も掲載。さらにぺゾンのバンブーロッドについても、たっぷり誌面を使って掘り下げています。
[ 詳細はこちらから ]

 

NOW LOADING